Archive for the ‘リコール・改善対策・自主改善’ Category

[リコール] 日野・プロフィアとレンジャー、前輪ホイールベアリングから火災

木曜日, 8月 16th, 2012

国土交通省は、16日、日野自動車から安全関連のリコールの届出があったことを公表した。

平成23年11月10日から平成24年 1月30日に製造されたプロフィアとレンジャーの計2車種、計763台。前輪のホイールベアリングに不具合があり、ブレーキを引き摺り、火災に至るおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001145.html

[リコール] 三菱・RVRなど、エアコンONの微速域でブレーキ距離が伸びる

木曜日, 8月 9th, 2012

国土交通省は、9日、三菱自動車工業から安全関連のリコールの届出があったことを公表した。

平成23年10月3日から平成24年8月6日に製造されたギャラン、RVR、デリカの計3車種、計11,692台。エンジンECUのプログラムに不具合があり、エアコンを作動させた状態で、アクセルを踏まずに車両を移動させた場合、ブレーキ倍力装置の負圧が不足し、ブレーキ距離が伸びるおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001144.html

7月には31件の対象台数100台未満のリコール届出

木曜日, 8月 2nd, 2012

国土交通省は、2日、7月に届出られた少数台数のリコールを公表した。

31件の届出があった。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001143.html

[リコール] 三菱・MINICAB-MiEV、ブレーキ液漏れ

火曜日, 7月 31st, 2012

国土交通省は、31日、三菱ふそうトラック・バスと三菱自動車工業から安全関連のリコールの届出があったことを公表した。

三菱ふそうは、平成22年3月19日から平成24年6月28日に製造された、ふそうの1,653台。大型トラクターのブレーキバルブに不具合があり、ブレーキバルブの戻りが悪く、ブレーキを引き摺った状態になり、火災に至るおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001132.html

三菱自動車は、平成23年11月18日から平成24年2月1日に製造されたMINICAB-MiEVの1,518台。フロントブレーキホースにおいて、ABS車輪速センサー用電気配線とフロントブレーキホースの隙間が不足しているため、ブレーキホースが損傷し、ブレーキ液が漏れて、制動力が不足するおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001131.html

[リコール] 日産・プレサージュなど3車種、エンジン回転センサーが断線しエンスト

金曜日, 7月 27th, 2012

国土交通省は、27日、日産自動車から2件の安全関連のリコールの届出が、キジマから1件の自主改善の報告があったことを公表した。

日産の1件目は、平成14年12月26日から平成19年7月2日に製造されたプレサージュ、ムラーノ、ティアナの計3車種、計96,843台。エンジン制御ユニットのエンジン回転センサーに不具合があり、高負荷時にセンサーが断線することがある。フェールセーフが働かず、エンストし、再始動に時間が掛かるおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001129.html

日産の2件目は、平成17年12月6日から平成22年9月28日に製造されたシビリアンとOEMのいすゞ・ジャーニーの計2車種、計3,571台。冷却装置の導風板の強度が不足しているため、導風板の一部が脱落するおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001130.html

キジマは、平成24年4月7日から平成24年4月27日に出荷されたヘプコ&ベッカー社製ボックス装着用の専用取付ステー32個。ボックスの固定方法が不適切なため、ボックスのキーシリンダーに応力が集中、キーシリンダーが破断し、ボックスの固定が不安定になり、ホックスが脱落するおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001128.html

[リコール] トレーラーの補助脚が上下できなくなる、日本トレクス

火曜日, 7月 24th, 2012

国土交通省は、24日、日本トレクスから安全関連のリコールの届出があったことを公表した。

平成23年8月22日から平成24年6月29日に製造された計592台。トレーラーの補助脚を上下するためのシャフトに不具合があり、シャフトの内筒が傾き、補助脚を上下することができなくなる。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001125.html

[自主改善] 三菱自動車純正サイクルアタッチメントも

金曜日, 7月 20th, 2012

国土交通省は、20日、三菱自動車カーライフプロダクツから自主改善の報告があったことを公表した。

平成20年12月から平成24年1月に販売されたサイクルアタッチメント、2型式、計55セット。自転車を支持するアームの可動部に不具合があり、走行時の振動で゙ボルトとナットが脱落し、自転車を支持するアームが支持点を失って、自転車を支えられなくなるおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001124.html

[リコール] ホンダ・CR-V、運転席ドアをロックするとドアが開く

木曜日, 7月 19th, 2012

国土交通省は、19日、本田技研工業から安全関連のリコールの届出が、富士重工業(スバル)から2件の自主改善の届出があったことを公表した。

平成23年11月4日から平成24年6月14日に製造されたCR-Vの計10,231台。運転席ドアの゙ドアハンドルとドアラッチを繋ぐケーブルの取り付けに不具合があり、ドアラッチが半掛かりとなって、発進直後のオートドアロック作動時や、手動でのドアロック操作時に、ドアが開くおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001122.html

スバルの1件目は、平成20年12月16日から平成22年7月2日に製造されたサイクルアタッチメントの42個。自転車を支持するアームの可動部に不具合があり、走行時の振動で゙ボルトとナットが脱落し、自転車を支持するアームが支持点を失って、自転車を支えられなくなるおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001120.html

スバルの2件目は、インプレッサ「1.6i」と「1.6i-L」の後付け部品として販売されたオートライトの4個。オートライトと車両の回路が不整合で、オートライト点灯時に、メーターイルミネーションが点灯しないおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001121.html

[リコール] 日産・ジューク、後席シートバックの溶接が剥がれる

木曜日, 7月 12th, 2012

国土交通省は、12日、日産自動車から2件の、いすゞ自動車から1件の安全関連のリコールの届出があったことを公表した。

日産の1件目は、平成24年2月3日から平成24年5月26日に製造されたジュークの計14,631台。後席シートバックの固定用ストライカの溶接に不具合があり、衝突時に溶接が剥がれるおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001115.html

日産の2件目は、平成19年6月16日から平成24年5月30日に製造されたアトラスと、OEMのいすゞ・エルフ、UDトラックス(日産ディーゼル)・ンドルの計3車種、計3,559台。全輪駆動車の前輪プロペラシャフトの後ろ側継手部において、遮水性能が不適切なため、潤滑不良となり、異音や振動が発生、継手が破損し、走行不能になるおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001116.html

いすゞは、平成18年12月6日から平成23年5月26日に製造されたフォワードとエルフ、OEMの日産・アトラス、日産ディーゼル・コンドル、マツダ・タイタンの計5車種、計156,672台。イグニッションスイッチの電気回路が不適切なため、スイッチの接点が摩耗、接触が不安定になり、エンジンの掛かりが悪くなる。AT車や機械式AT車は、エンジンがストールし、灯火類が点灯しなくなるおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001114.html

[リコール] 日産ディーゼルと三菱ふそうの大型路線バス、ボールジョイントの耐久性が不足

火曜日, 7月 10th, 2012

国土交通省は、10日、UDトラックスから安全関連のリコールの届出があったことを公表した。

平成17年5月19日から平成21年1月13日に製造された日産ディーゼルとOEMの三菱ふそうの大型路線バスの計17型式、計1,627台。クラッチブースタのボールジョイントの耐久性が不足しているため、゙ポールジョイントが破損し、走行不能になるおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001113.html

[リコール] 三菱のeK-SPORTなどのターボ車、電気配線の配線長が不適切

木曜日, 7月 5th, 2012

国土交通省は、5日、三菱自動車工業から安全関連のリコールの届出があったことを公表した。

平成14年8月26日から平成24年5月9日に製造された、eK-SPORT、eK-ACTIVE、トッポと、OEMの日産・オッティの計4車種、計93,584台。ターボエンジンののエンジン制御用電気配線の配線長が不適切なため、配線が損傷し、エンスト、再始動ができなくなるおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001112.html

[リコール] カワサキ・ニンジャ250R、転倒センサーが誤作動してエンスト

月曜日, 7月 2nd, 2012

国土交通省は、2日、川崎重工業から安全関連のリコールの届出があったことを公表した。

平成20年2月18日から平成24年6月20日に製造されたニンジャ250Rの計18,074台。転倒センサーの保持ブラケットの制振構造が不適切なため、特定のエンジン回転数でセンサーが誤作動し、エンジンが停止するおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001107.html

また、6月に届出られた対象台数100台未満の6件のリコールも公表された。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001111.html

[リコール] KTM、ABS警告灯が赤色

金曜日, 6月 29th, 2012

国土交通省は、29日、KTM JAPANから安全関連のリコールの届出があったことを公表した。

平成23年10月21日から平成24年3月15日に製造された、690DUKE、990ADVENTURE、990SMT、990SMRの計3車種、計125台。ABSが搭載された車両において、赤色のABS警告灯が装備されている。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001110.html

[リコール] クライスラー・ボイジャー、エアコンの水でエアバッグが誤作動

木曜日, 6月 28th, 2012

国土交通省は、28日、クライスラー日本と本田技研工業から、それぞれ安全関連のリコールの届出があったことを公表した。

クライスラーは、平成20年2月1日から平成20年9月25日までに輸入されたグランドボイジャーの375台。エアバッグ制御ユニットにエアコンの排水ダクトから漏れた水が掛かり、制御ユニット内部がショートし、エアバッグ警告灯が点灯し、エアバックが誤作動するおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001109.html

ホンダは、平成18年2月20日から平成23年8月6日に製造されたゼストの1,613台。車いす仕様車と車いす移動車において、テールゲートヒンジ取付部の強度が不足しているため、取付部が変形して、テールゲートに亀裂が生じ、テールゲートが閉まらなくなるおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001105.html

[リコール] BMW X5 MとBMW X6 Mのクランクベンチレーション接続ラインの強度不足

水曜日, 6月 27th, 2012

国土交通省は、27日、ビー・エム・ダブリューから安全関連のリコールの届出があったことを公表した。

平成21年7月6日から平成23年3月18日に製造されたBMW X5 MとBMW X6 Mの計2車種、計131台。左右のクランクベンチレーションをつなぐ接続ラインが、素材の強度不足により損傷し、警告灯が点灯、アイドリングが不安定になり、エンジンが停止するおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001106.html