Archive for the ‘衝突安全性能評価’ Category

EuroNCAP、衝突軽減ブレーキを2014年からNCAPの対象に

火曜日, 6月 19th, 2012

EuroNCAPは、13日、衝突軽減ブレーキ(Autonomous Emergency Braking systems; AEB)に関する調査結果を公表した。

EuroNCAPが行った調査によると、衝突軽減ブレーキによって27%の事故が避けられることが判明した。しかし、欧州で販売されている79%の車種で衝突軽減ブレーキを選択できず、66%のメーカーは、衝突軽減ブレーキを装備した車種を全く販売していない。

衝突軽減ブレーキを普及させるため、EuroNCAPでは2014年から、衝突軽減ブレーキに関する評価を、衝突安全性能評価の対象とし、5つ星による評価に反映させる。

詳細は、EuroNCAP Website

4車種が満点の5つ星、Euro NCAP

水曜日, 5月 23rd, 2012

Euro NCAPは、23日、4車種の衝突安全性能評価結果を公表した。

評価されたのは、BMW・3シリーズ、ヒュンダイ・i30、マツダ・CX-5、プジョー・208の4車種。全て、満点の5つ星と評価された。

Euro NCAPでは、近年、特に歩行者保護性能が向上しており、BMW・3シリーズは、アクティブ・ボンネットがない車両で最高のスコアが78%に達した。

詳細は、http://www.euroncap.com/Content-Web-Article/34aafbbe-f5b1-4e93-8fee-33077e0d7df5/more-car-manufacturers-getting-in-step-with-higher.aspx

トヨタ・アクアやホンダ・RDXなど5車種が TOP SAFETY PICK に、米国IIHS

火曜日, 5月 22nd, 2012

米国The Insurance Institute for Highway Safety(IIHS)は、15日に3車種の、21日に2車種の衝突安全性能評価結果を公表した。

15日に公表されたのは、 シボレー・マリブ エコ、ヒュンダイ・Azera、トヨタ・Prius c(日本名・アクア)の3車種。21日に公表されたのは、ホンダ・RDXとBMW・3シリーズの2車種。5車種とも、最高評価のTOP SAFETY PICKと評価された。

詳細は、http://www.iihs.org/news/default.html

3車種が満点の5つ星・大賞はレクサス・CT200h、自動車アセスメント

水曜日, 4月 25th, 2012

国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)は、25日、自動車アセスメントとチャイルドシートアセスメント結果を公表した。

自動車アセスメントでは、電気自動車1車種、軽自動車2車種、乗用車10車種、1ボックス1車種の計14車種を試験した。今回から、歩行者頭部保護性能試験に加え歩行者脚部保護性能試験を新規に実施し、乗員保護と歩行者保護とを総合的に安全性能評価を行う「新・安全性能総合評価」を導入した。

その結果、レクサス・CT200h、日産・エルグランド、スバル・レガシィの3車種が満点の5つ星、日産・リーフ、ダイハツ・ミラ イース、アウディ・A1、トヨタ・ヴィッツ、トヨタ・ラクティス/スバル・トレジア、トヨタ・プリウスα、BMW・X1の計7車種が4つ星、スズキ・MRワゴン/日産・モコ、スズキ・スプラッシュ、スズキ・ソリオ/三菱・デリカD:2、フィアット・500、500C/アバルト・500、500Cの計4車種が3つ星と評価された。

レクサス・CT200h、日産・エルグランド、スバル・レガシィの3車種には、新設された「ファイブスター賞」が、レクサス・CT200hには、自動車アセスメント大賞が贈られた。

チャイルドシートは、乳児・幼児兼用5製品、幼児専用1製品を試験した。優、良、普、推奨せずの4段階で評価した結果、タカタ・takata04-i fixは、乳児用、幼児用のいずれも「優」、タカタ・takata04-popsは、乳児用が「優」、幼児用が「良」、アップリカ・フラディアは乳児用は「優」、乳児用ベッドと幼児用としては「良」、ピジョン・cunaは、乳児用が「優」、幼児用が「良」、リーマン・ピピデビューは、乳児用が「優」、幼児用が「良」、コンビ・ジョイトリップは、幼児用が「普」と評価された。

詳細は、国土交通省が、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000104.html、NASVAが、http://www.nasva.go.jp/gaiyou/topics/2012/120425.htmlと、http://www.nasva.go.jp/gaiyou/topics/2012/120425_2.html、トヨタが、http://www2.toyota.co.jp/jp/news/feature/20120425.html

レクサス・GS、IIHSのTOP SAFETY PICKに

火曜日, 4月 10th, 2012

米国The Insurance Institute for Highway Safety(IIHS)は、3日、2013年モデルのレクサス・GSの衝突安全性能評価結果を公表した。

前面、側面、追突、ロールオーバーの各衝突実験で、好成績を収め、スピン防止装置を標準装備するため、TOP SAFETY PICKに選出された。ルーフ強度の試験では、車重の4倍の力に耐えればgoodと評価されるが、GSは4.88倍の強度を持っていた。

新基準で評価されるようになってから、レクサス車でTOP SAFEY PICKになったのは、RX、CT 200hに続いて3車種目。

詳細は、http://www.iihs.org/ratings/ratingsbyseries.aspx?id=346

自動車アセスメント試験車両を秋葉原で一般公開

火曜日, 4月 10th, 2012

国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)は、10日、自動車アセスメント試験車両の一般公開に関する情報を公表した。

4月25日水曜日に、東京都千代田区のベルサール秋葉原で開催する。自動車アセスメントで評価が高かった試験車両5車種の展示の他、チャイルドシートアセスメントで評価が高かった機種の展示などを実施する。

詳細は、国交省が、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000103.html、自動車事故対策機構が、http://www.nasva.go.jp/gaiyou/topics/2012/120410.html

マツダ・CX-5、TOP SAFETY PICKに

月曜日, 3月 26th, 2012

米国The Insurance Institute for Highway Safety(IIHS)は、20日、マツダ・CX-5の衝突安全性能評価結果を公表した。

前面、側面、追突、ロールオーバーの各衝突実験で、好成績を収め、スピン防止装置を標準装備するため、TOP SAFETY PICKに選出された。

マツダがTOP SAFETY PICKに選ばれたのは、Mazda 3(マツダ・アクセラ)に続き2車種目。

詳細は、hhttp://www.iihs.org/news/default.html#030812

日産・ティーダ、米国IIHSのTOP SAFETY PICKに

水曜日, 3月 14th, 2012

米国The Insurance Institute for Highway Safety(IIHS)は、8日、2012年モデルの日産・Versa(日本名・ティーダ)の衝突安全性能評価結果を公表した。

前面、側面、追突、ロールオーバーの各衝突実験で、好成績を収め、スピン防止装置を標準装備するため、TOP SAFETY PICKに選出された。

VersaがTOP SAFETY PICKに選出されるのは初めてで、2011年モデルは側面衝突とロールオーバーが「acceptable」だった。

詳細は、http://www.iihs.org/news/default.html#030812

10歳児のダミーを開発、NHTSA

木曜日, 2月 23rd, 2012

米国運輸省道路交通安全局(National Highway Traffic Safety Administration: NHTSA)は、10歳児を模した衝突ダミーを開発したことを公表した。

チャイルドシートやジュニアシートの安全性を評価するために、体重65ポンド(約30kg)の10歳児を模した。このダミーにより、既存のダミーよりも大きい子どもの安全性を評価できるようになった。

詳細は、http://www.nhtsa.gov/About+NHTSA/Press+Releases/2012/NHTSA+Unveils+New+’10-Year-Old+Child’+Crash+Test+Dummy

ジープ・コンパスにガッカリ、Euro NCAP

木曜日, 2月 23rd, 2012

Euro NCAPは、22日、2車種の衝突安全性能評価結果を公表した。

評価されたのは、ホンダ・シビックとジープ・コンパス。ホンダ・シビックは、最高評価の5つ星だった。ジープ・コンパスは、2つ星で、ポール衝突試験と、歩行者保護の評価が悪かった。

詳細は、http://www.euroncap.com/Content-Web-Article/8f966070-bbf7-4fe7-9f12-160a7391e0fe/release-22nd-february.aspx

クラス最優秀車を発表、EuroNCAP

木曜日, 2月 2nd, 2012

EuroNCAPは、1月31日、「Best in Class Cars of 2011」を公表した。

5のクラスで、ベストカーが選出された。クラスと車種名は次の通り。

スモール オフロード 4×4 アウディ・Q3
スーパーミニ シボレー・AVeo
スモール ファミリーカー フォード・フォーカス
スモール MPV メルセデス・ベンツ・Bクラス
ラージ ファミリーカー ボルボ・V60

詳細は、http://www.euroncap.com/bestinclasscars2011.aspx

東京モーターショーにASVや自動車アセスメントを出展、国交省

火曜日, 11月 29th, 2011

国土交通省は、29日、第42回東京モーターショーへの出展内容を公表した。

先進安全自動車(ASV)の紹介を行い、実用化されたASV技術を動画で紹介する他、ドライビングシミュレータで体験できる。また、自動車アセスメントの結果を公表し、試験された車両も展示する。

国交省のブースは、西3・4ホール。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000098.html

8車種の結果を公表、自動車アセスメント

火曜日, 11月 29th, 2011

国土交通省は、29日、自動車アセスメント評価結果(前期分)を公表した。

今年度から、乗員の安全性と歩行者の安全性を総合した「新・安全性能総合評価」を採用し、満点は、5つ星となった。

[TABLE=4]

このうち、スバル・レガシィと日産・エルグランドは、メーカーの委託により試験が行われたもので、歩行者脚部保護性能試験のみ実施し、その他の項目は、スバル・レガシィは2009年度の、日産・エルグランドは2010年度の結果を利用して評価を行った。

後半では、ダイハツ・ミラ イース、スズキ・スプラッシュ、アウディ・A1、フィアット・500、トヨタ・プリウスα、BMW・X1の結果が公表される。

また、チャイルドシートアセスメントは、゚リーマン・ピデビュー、アップリカ・フラディア、ピジョン・cuna、タカタ・takata04-pops、タカタ・takata04-i fix、コンビ・ジョイトリプの6機種が評価される。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000099.html

14車種のNCAP結果を公表、EuroNCAP

木曜日, 11月 24th, 2011

EuroNCAPは、23日、14車種の衝突安全性能評価結果を公表した。

シボレー・マリブ、キア・リオ、メルセデス・ベンツ・Bクラス、Cクラス クーペ、レンジローバー・ エヴォーク、スバル・XV、フォルクスワーゲン・ビートル、フォルクスワーゲン・up!は、満点の5つ星だった。

中国のGeely(吉利)・ Emgrand EC7とMG6の2車種は、4つ星だった。その他、評価されたのは、フィアット・パンダ、ジープ・グランドチェロキー、ジャガー・XF、ルノー・フルエンスZ.E。

詳細は、http://www.euroncap.com/Content-Web-Article/91fea4d4-30b5-484d-9dc5-140e0181278c/chinese-manufacturers-investing-in-safety.aspx

ミニバン5車種がTOP SAFETY PICK、米国IIHS

土曜日, 11月 12th, 2011

米国The Insurance Institute for Highway Safety(IIHS)は、11日、ミニバン7車種の衝突安全性能評価結果を公表した。

同一構造のクライスラー・タウン&カントリー、ダッヂ・グランドキャラバン、フォルクスワーゲン・ルータンの3車種と、ホンダ・オデッセイ、トヨタ・シエナの計5車種は、TOP SAFETY PICKと評価された。

ニッサン・クエストはacceptable、キア・セドナはpoorと評価された。

詳細は、http://www.iihs.org/news/rss/pr110111.html