Archive for the ‘商品開発’ Category

デンソー、車線逸脱警報システム・自動ハイビーム制御システム用新型画像センサーを開発

水曜日, 7月 25th, 2012

デンソーは、25日、新型画像センサーを開発したことを公表した。

画像センサーは、フロントガラス上端付近に装着され、道路上の白線や前方の物体を検知し、車線逸脱警報システムと自動ハイビーム制御システムに利用される。車線逸脱警報システムと自動ハイビーム制御システムのセンサーとしては、世界最小となった。

同センサーは、レクサスESにメーカーオプションとして搭載され、中国市場や、北米市場で販売される予定。

詳細は、http://www.denso.co.jp/ja/news/newsreleases/2012/120725-01.html

頭部保護帽「abonet+JARI」のホームページ公開

火曜日, 7月 24th, 2012

一般財団法人日本自動車研究所(JARI)は、24日、頭部保護帽「abonet+JARI」のホームページを公表した。

頭部保護帽「abonet+JARI」は、JARIと特殊衣料の共同開発により、転倒や交通事故時の衝撃から、頭部を保護する帽子。人体ダミー人形を用いた衝撃実験の結果や、快適性に関する情報、テレビ取材を受けた際の模様、商品の購入先に関する情報などが紹介されている。

詳細は、http://www.jari.or.jp/abonetJARI/

首都高で発生した全3件の二輪車死亡事故は日曜日に大型自動二輪が関与

火曜日, 7月 3rd, 2012

警視庁は、3日、自転車交通安全情報「自転車の交通死亡事故増加」と二輪車交通安全情報「首都高速で本年3件目!二輪車死亡事故発生!!」を公表した。

都内では、自転車に乗った子どもや高齢者の死亡事故が多発しており、特に約9割の事故が交差点付近で発生している。自転車の利用車に対して、交差点では必ず止まって安全確認をすることや、信号を守ること、夜間は早めにライトを点灯することなどを呼び掛けている。

詳細は、http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/kotu_jyoho/pdf/bicycle/h24/h240702.pdf

7月1日日曜日に、首都高速道路川口線で進路変更をしていた乗用車と二輪車が衝突し、二輪車を運転していた40歳代の男性が死亡する事故が発生した。今年に入って、首都高速道路で発生した3件の二輪車死亡事故は、いずれも日曜日に大型自動二輪車が関与している。スピードを抑えることや、週末は不慣れなドライバーが多いため予測運転をすること、車間距離を取ることを薦めている。

詳細は、http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/kotu_jyoho/pdf/nirin/h24/nirin_h240702.pdf

歩行者用エアバッグの仕組みを公開、ボルボ

水曜日, 5月 23rd, 2012

ボルボ・カーズ・ジャパンは、23日、「歩行者用エアバッグ」の仕組みを公開した。

エアバッグにより、歩行者がAピラーやフロントガラスの下縁部への衝突を防ぐとともに、同時にボンネットを10センチ上昇させ、ボンネット下のエンジン部品への衝突を防止する。エアバッグは、時速20キロから時速50キロで作動する。

歩行者用エアバッグは、世界で初めて新型ボルボV40に採用され、日本では来春に発売が予定されている。

詳細は、http://www.volvocars.com/jp/top/about/news-events/Pages/default.aspx?itemid=101

スバル、EyeSightを米国市場に投入

金曜日, 3月 16th, 2012

富士重工業(スバル)は、16日、米国市場に先進運転支援システム「EyeSight(アイサイト)」を導入することを公表した。

今夏以降に発売される2013年モデルのレガシィとアウトバックの一部グレードに設定する。米国市場に導入されるEyeSightも、日本市場と機能が同等。

日本市場では、レガシィとアウトバックの約90%に装備されているとしている。

詳細は、http://www.fhi.co.jp/contents/pdf_78880.pdf

阪神高速京橋PAでバレンタインの衝突事故防止キャンペーン

月曜日, 2月 13th, 2012

阪神高速道路は、10日、「安心ドライブ チョコっとした注意で事故防止!! 衝突事故防止キャンペーン」の実施要項を公表した。

3月14日火曜日の11時30分から12時30分に、3号神戸線京橋パーキングエリア2階(西行き)で開催する。側壁、料金所施設への衝突事故防止及び冬季通行における注意喚起アナウンスや道路巡回パトロールカーによる電光表示啓発メッセージ、のぼり旗の設置による注意喚起、交通安全グッズなどの配布を行う。

詳細は、http://www.hanshin-exp.co.jp/drivers/driver/topics/2012-0210-1517-10.html

頭部保護帽「abonet+JARI」

木曜日, 2月 9th, 2012

財団法人日本自動車研究所(JARI)は、9日、頭部保護帽「abonet+JARI」に関する情報を公表した。

「abonet+JARI」は、JARIと特殊衣料が共同開発した頭部を保護できる帽子。安全性と快適性、デザインを兼ね備え、日常生活時やスポーツ時に適するとしている。キャップ型とハット型があり、計24種類を展開する。

詳細は、http://www.jari.or.jp/resource/uploads/abonetJARI.pdf

排雪ダンプによる交通死亡事故発生、北海道

木曜日, 1月 26th, 2012

北海道警察は、26日、交通安全情報「排雪ダンプによる交通死亡事故発生」を公表した。

1月23日月曜日に札幌市東区内で、横断歩道を横断していた85歳の女性が、排雪作業中の大型ダンプが青信号で左折する際に衝突し、死亡した。札幌市内では、昨年2月にも排雪ダンプが関連する死亡事故が発生していた。

詳細は、http://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/info/koutuu/anzen_jyouho/anzen-jyouho-h240125.html

12月17日にトヨタ レーシングドライバー ミーティングII

火曜日, 10月 4th, 2011

トヨタ自動車は、3日、「トヨタ レーシングドライバー ミーティングII」の実施要項を公表した。

12月17日土曜日に開催する。複合コーナリングやタイムトライアル、レーシングコース走行を行う。

対象者は「トヨタ レーシングドライバー ミーティング」の受講者で、受講料は48,300円。締切は11月18日金曜日。

詳細は、http://www.toyota.co.jp/mobilitas/event/111001.html

JARI、頭部保護帽を特殊衣料と共同開発

月曜日, 10月 3rd, 2011

財団法人日本自動車研究所(JARI)は、9月22日、頭部保護帽を株式会社特殊衣料と共同開発したことを公表した。

JARIの安全研究部衝突安全グループが、衝突試験を行い緩衝材を選定した。その緩衝材を用い、特殊衣料が保護帽をデザイン・製作し、JARIが衝撃試験を行った。

開発された「abonet+JARI」は、10月5日水曜日から東京ビックサイトで開催される「第38回国際福祉機器展(HCR展)」で発表され、11月に特殊衣料から発売される。

詳細は、http://www.jari.or.jp/resource/uploads/press_110922.pdf

交通安全情報3本を公表、北海道警

水曜日, 5月 11th, 2011

北海道警察は、11日、交通安全情報「声掛けて事故を防ごう!」、「5月中の事故防止ポイント」、「連休中『バイク事故』続発」を公表した。

「声掛けて事故を防ごう!」によると、道内では、高齢者の死亡事故が増加している。横断中の歩行者の死者12人中、10人が女性で、10人中8人が運転免許を持っていなかった。また、運転免許を持っていない8人のうち、6人は車両から見て、右側から左側に道路を横断していた。また、第一当事者となった高齢運転者9人のうち、8人が男性だった。

詳細は、http://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/info/koutuu/anzen_jyouho/anzen-jyouho-h230420.html

「5月中の事故防止ポイント」によると、5月は車両単独事故と歩行者事故が多発している。車両単独事故は、郊外での速度超過が多発している。歩行者事故は、23人中17人、73.9%が高齢歩行者で、市街地で多発している。また、飲酒に伴う事故も多発傾向にある。

詳細は、http://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/info/koutuu/anzen_jyouho/anzen-jyouho-h230428.html

「連休中『バイク事故』続発」によると、5月3日と5日に、ツーリング中の大型バイクの運転者が死亡する事故が発生した。二輪車事故を防止するために、自分の運転技術を過信しないで、バイクと道路環境に慣れることや、グループでツーリングする場合は、出発前に、目的地や休憩場所などを打ち合わせることや、先頭と最後尾にはベテランが走ることなどを呼び掛けている。

詳細は、http://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/info/koutuu/anzen_jyouho/anzen-jyouho-h230506.html

エアベルトの紹介、タカタ

火曜日, 5月 10th, 2011

タカタは、10日、エアベルトに関する情報を公表した。

エアベルトは、衝突時にシートベルトがエアバッグのように瞬時に膨らむ。シートベルトが頭部横から肩、胸にかけて膨らむため、前面衝突だけでなく、側面衝突の際にも、頭部を保護する。

エアベルトの作動状況をスローで撮影した動画が掲載されている。エアベルトは、タカタが世界で初めて製品化した。

詳細は、http://www.takata.com/products/system02.html#06

イエローキャブに日産・NV200、カーテンエアバッグも

金曜日, 5月 6th, 2011

日産自動車は、4日、「NV200」が米国ニューヨーク市の次世代タクシーに選ばれたと発表した。

NV200には、安全装備として、前席サイドエアバッグの他、前後席カーテンエアバッグ、スピン防止装置「VDC」が装備される。同車は、日本市場では「NV200バネット」として販売されている。

詳細は、http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2011/_STORY/110503-01-j.html

自転車と歩行者が衝突し、自転車が死亡

月曜日, 5月 2nd, 2011

警視庁は、2日、自転車交通安全情報「自転車と歩行者の交通死亡事故発生!」を公表した。

4月26日火曜日の午前0時頃に、自転車が下り坂を走行中、歩行者と衝突し、自転車の乗員が死亡する事故が発生した。

警視庁では、節電のために道路照明が暗くなっているので、早めに前照灯を点灯することや、歩行者は明るい服装や反射材を身につけることを呼び掛けている。

詳細は、http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/kotu_jyoho/pdf/bicycle/h23/bic23_4.pdf

交通安全スローガン(サブスローガン)を募集、警視庁

月曜日, 5月 2nd, 2011

警視庁は、2日、交通安全スローガン(サブスローガン)の募集に関する情報を公表した。

テーマは、高齢者の交通安全、二輪車の交通安全、自転車の交通安全、飲酒運転の根絶、シートベルトの着用促進、子どもの交通事故防止、放置駐車追放の7テーマ。

応募資格は東京都の居住者または在勤・在学者。5月31日火曜日までに、応募用紙を使用した場合は、各警察署交通課に提出するか、警視庁交通総務課 交通安全教育企画係に郵送する。ホームページの専用応募フォームも利用できる。

詳細は、http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/traffic_slogan/traffic_slogan.htm