Archive for the ‘啓発活動’ Category

静岡県の地域重点は市町が決定、秋の全国交通安全運動

金曜日, 8月 17th, 2012

静岡県は、17日、秋の全国交通安全運動の実施要綱を公表した。

静岡県の地域重点は、「各市町交通安全対策協議会等が決定する事項」とした。9月21日金曜日は「初日街頭指導・広報の日」、26日水曜日は夕暮れ時から夜間の交通事故防止の日「ピカッと作戦!の日」として設定、街頭における指導や広報を実施する。

詳細は、http://www.pref.shizuoka.jp/kenmin/km-130a/documents/youkou_24aki.pdf

9月の北海道は、夕暮れ時に事故多発

木曜日, 8月 16th, 2012

北海道警察は、16日、9月の過去5か年の交通死亡事故実態を公表した。

9月は、市街地では18時から20時の時間帯に歩行者事故、非市街地では16時から18時に正面衝突・車両単独事故が多発している。

詳細は、http://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/statis/jiko/jiko-taihi/jiko-taihi.html

都内で高齢者の交通死亡事故発生

水曜日, 8月 15th, 2012

警視庁は、15日、高齢者交通安全情報「高齢者の交通死亡事故発生」を公表した。

8月11日土曜日に板橋区内で、道路を横断していた歩行者と乗用車が衝突し、80歳代の歩行者が死亡した。横断歩道を渡ることや、左右の安全を確認すること、反射材を着用することを呼び掛けている。

詳細は、http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/kotu_jyoho/pdf/kourei/2012/h240814.pdf

自転車総合対策推進検討委員会からの提言と意識調査結果、警視庁

水曜日, 8月 15th, 2012

警視庁は、15日、自転車総合対策推進検討委員会からの提言と意識調査結果を公表した。

有識者7人で構成する「自転車総合対策推進検討委員会」が、8月3日に「みんなで学び、みんなで守る~自転車利用のルール遵守とマナーの向上のための提言~」が、自転車総合対策本部長である副総監に提出した。

今後推進すべき具体的な対策として、小・中学生、高校生、大学生の別に対策が提言され、社会人に対しては、企業での対策の他に、子どもが通う学校を通じての対策、スーパーなどの日常生活の場面を活用した対策など実施するよう提言している。

詳細は、http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/bicycle_plan/bicycle_measures.htm

タカタ、DRIVE&LOVE キャンペーンに参加

火曜日, 8月 14th, 2012

タカタは、10日、「DRIVE&LOVE キャンペーン」に参加することを公表した。

8月18日土曜日と19日日曜日に、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで開催される「SUPER GT 第5戦」のGP スクエアで行われるキャンペーンに参加する。タカタは、ロールオーバーシミュレーターを出展し、脱出デモンストレーションを実施する。

詳細は、http://www.takata.com/pdf/120818_JP.pdf

逆走車の恐怖をJAFが再現

火曜日, 8月 14th, 2012

一般社団法人日本自動車連盟(JAF)は、14日、高速道路上での逆走車による事故を再現した映像を公表した。

NEXCO中日本の協力を得て、開通前の高速道路で撮影した。逆走事故の発生原因や事故を回避するポイント、逆走車に遭遇した際の注意点を解説している。

映像の長さは5分27秒。

詳細は、http://www.jaf.or.jp/profile/news/file/2012_27.htm

9月の東京は自転車利用中の高齢者の重大事故が多い

火曜日, 8月 14th, 2012

警視庁は、14日、高齢者交通安全情報「防ごう!高齢者の交通事故」を公表した。

過去3年のデータから9月は、自転車利用中の高齢者の重大事故が多いことが判明している。特に交差点での出会い頭の事故に注意するよう、呼び掛けている。

詳細は、http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/kotu_jyoho/pdf/kourei/2012/h240813.pdf

秋の全国交通安全運動は9月21日から30日

火曜日, 8月 14th, 2012

内閣府共生社会政策統括官は、14日、秋の全国交通安全運動の推進要綱を公表した。

9月21日金曜日から30日日曜日までの10日間、「子どもと高齢者の交通事故防止」を運動の基本とし、全国重点として「夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止(特に、反射材用品等の着用の推進及び自転車前照灯の点灯の徹底)」、「全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底」、「飲酒運転の根絶」の3点を設定する。

また、最終日の30日を「交通事故死ゼロを目指す日」とする。

詳細は、http://www8.cao.go.jp/koutu/keihatsu/undou/h24_aki/anzen_and_zero.html

福岡県で歩行者と運転者向け運動を展開

金曜日, 8月 10th, 2012

福岡県警察は、10日、歩行者の「止まって、見て、待って渡る」運動と、運転者の「よく見る、早く見つける」運動に関する情報を公表した。

歩行者の「止まって、見て、待って渡る」運動は、高齢者の死亡事故の多くが、道路横断中に発生しているが、その多くはドライバーが歩行者を見えていなかったり、見ていなかったりしたため、発見の遅れが原因とされる。高齢者には、道路を横断する際には、止まり、よく見て、待って渡ることと、目立つ服装をすることを呼び掛けている。

詳細は、http://www.police.pref.fukuoka.jp/kotsu/kotsukikaku/kotsukikakuanzen/hokousya.html

運転者の「よく見る、早く見つける」運動は、交通死亡事故の多くが、脇見運転や漫然運転であることや、夕暮れや夜間に、歩行者の見落としによる事故が多発しているため、よく見る、早く見つける、素早く反応することを呼び掛けている。

詳細は、http://www.police.pref.fukuoka.jp/kotsu/kotsukikaku/kotsukikakuanzen/untensya.html

つくば「ちびっ子博士2012」で衝突実験車両展示、JARI

金曜日, 8月 10th, 2012

一般財団法人日本自動車研究所(JARI)は、10日、「ちびっ子博士2012」の開催報告を公表した。

7月30日月曜日から8月3日金曜日までの5日間、通常は公開していない「JARI PRコーナー」を開放し、頭部保護帽【abonet+JARI】や、4月の一般公開で実施した車対自転車の衝突実験で使用した車両を展示した。

来場した親子は、安全な自転車の乗り方を話し合っていたという。

詳細は、http://www.jari.or.jp/event/67325/

東京スマートドライバーは5周年

金曜日, 8月 10th, 2012

首都高速道路がスポンサードする東京スマートドライバーは、9日、同活動が5周年を迎えたことを公表した。

「東京スマートドライバー」は、首都高の交通事故を減らす市民主体型プロジェクトとして、2007年8月9日に発足した。5年前と比較すると、首都高によるハード対策とあいまって、約1,000件の交通事故を減らすことができたとしている。

詳細は、http://www.smartdriver.jp/topics/863

二輪車安全運転全国大会、団体優勝は東京都

木曜日, 8月 9th, 2012

財団法人全日本交通安全協会は、9日、第45回「二輪車安全運転全国大会」の開催結果を公表した。

8月4日土曜日と5日日曜日の2日間、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで開催され、187人が参加した。団体優勝したのは東京都チームで、2位は埼玉県、3位は千葉県だった。

詳細は、http://www.jtsa.or.jp/topics/T-217.html

都内で高齢ドライバーの交通死亡事故発生

木曜日, 8月 9th, 2012

警視庁は、9日、高齢者交通安全情報「高齢ドライバーの交通死亡事故発生!」を公表した。

8月6日月曜日に大田区内で、交差点を直進中の軽貨物自動車と、右折中の大型トラックが衝突し、軽貨物自動車を運転していた60歳代の高齢者が死亡した。警視庁では、信号を遵守することや、交差点では安全確認を行うことを、高齢者には免許の返納を考えることを呼び掛けている。

詳細は、http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/kotu_jyoho/pdf/kourei/2012/h240807.pdf

「パンク」「燃料切れ」「バッテリー上がり」に注意を、JAF

火曜日, 8月 7th, 2012

一般社団法人日本自動車連盟(JAF)は、7日、夏季のロードサービスに関する情報を公表した。

昨年のお盆期間中の高速道路上での故障原因は、「パンク」が最も多く1,055件、次いで「燃料切れ」が372件、「バッテリー上がり」が261件だった。

高速道路を走行する際は、タイヤの空気圧と燃料の残量を点検し、電装品の使い過ぎに注意するように呼び掛けている。また、高速道路上でロードサービスの出動を依頼する時は、ガードレールの外など安全な場所に避難した後に連絡して欲しいとしている。

詳細は、http://www.jaf.or.jp/profile/news/file/2012_25.htm

都内で高齢者の交通死亡事故多発

火曜日, 8月 7th, 2012

警視庁は、7日、高齢者交通安全情報「高齢者の交通死亡事故多発!」を公表した。

8月1日水曜日に2件の事故が発生したが、4日土曜日にも日野市内で、乗用車と歩行者が衝突し、70歳代の歩行者が死亡する事故が発生した。3件の事故は、高齢者の自宅近くで発生しているため、通り慣れた道でもしっかり安全確認をすることを呼び掛けている。

詳細は、http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/kotu_jyoho/pdf/kourei/2012/h240806.pdf