Archive for 9月, 2010

首都高速道路全料金所でETCレーンの開閉バー開遅延策実施

木曜日, 9月 30th, 2010

首都高速道路は、30日、首都高速道路の全ての料金所でETCレーンの開閉バー開遅延策を実施すると発表した。

首都高速では、8月から全本線料金所で開閉バーの開くタイミングを遅くし速度を抑制しているが、11月からは、全料金所を対象に、順次開閉バー開遅延策を開始する。

また、10月18日火曜日から、ETC車と一般車の混在レーンでも、開閉バーの運用を始める。

詳細は、http://www.shutoko.jp/company/press/h22/0930.html

あなたも子どもまもり隊、警視庁

木曜日, 9月 30th, 2010

警視庁は、30日、リーフレット「あなたも子どもまもり隊」を公表した。

子どもに家庭や学校で、交通事故の多くは自宅付近で発生していることや、青信号でも右左折する車両があること、遠回りでも横断歩道を渡ることなどを、繰り返し話すことを呼び掛けている。

また、子どもと一緒に、通学路や子どもの活動範囲の危険箇所のチェックをし、具体的な注意をするよう、要請している。

詳細は、http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/kotu_jyoho/pdf/kodomo/mamoritai_3.pdf(PDFファイル)。

車両安全対策の新たな目標と対策の方向性を検討、国交省

木曜日, 9月 30th, 2010

国土交通省は、30日、車両安全対策の新たな目標と対策の方向性について検討を始めると発表した。

交通政策審議会陸上交通分科会自動車交通部会に「技術安全ワーキンググループ」を設置し、2010年までに車両安全対策によって死者数(30日以内死者数)を年間2,000人削減する目標の達成状況の評価を行い、新たな交通事故の死者数等の目標を設定する。

第1回会議は、10月5日火曜日に、中央合同庁舎7号館で開催する。会議は公開され、議事録と会議資料が後日公表される。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000063.html

[リコール] いすゞ・ギガとフォワード、シートベルトが引き出せなくなる

木曜日, 9月 30th, 2010

国土交通省は、30日、いすゞ自動車から2件の、ビー・エム・ダブリュー(BMW)から1件のリコール、本田技研工業から1件の改善対策の届出があったことを公表した。

いすゞの1件目は、平成16年8月2日から平成18年4月3日に製造されたギガの4,350台。空気ばね緩衝装置付大型トラックの後車軸を車枠に固定するVロッドのブッシュ寸法が不適切なため、ブッシュ外周が磨耗、Vロッドが損傷し、走行安定性が損なわれるおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_000678.html

いすゞの2件目は、平成16年1月27日から平成20年7月4日に製造されたギガとフォワードの計2車種、計74,490台。座席ベルト巻取装置の内部部品に不適切な材料を使用したため、イナーシャマスが変形し、座席ベルトが引き出せなくなるおそれがある。

2008年12月16日付け「届出番号2229」の対象範囲を拡大するもの。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_000676.html

BMWは、平成21年11月1日から平成22年6月14日に製造されたBMW S1000RRの356台。クランクケースとエアクリーナボックス間のブリーザーホースが不適切なため、エンジンが作動した状態で左側に転倒した際に、エアクリーナボックスにエンジンオイルが入り、エンジンが損傷するおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_000677.html

ホンダは、平成22年2月25日から平成22年7月31日に製造されたPCXの7,453台。バッテリ収納箱の水抜き穴の位置が不適切なため、水抜き穴から燃料ポンプの吐出配管に酸性の水が滴下、配管に亀裂を生じ、燃料が漏れるおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_000675.html

運転中のメールやウェブの使用禁止は事故減少効果がない、米国IIHS

水曜日, 9月 29th, 2010

米国The Insurance Institute for Highway Safety(IIHS)は、28日、運転中の携帯電話によるメールやウェブの利用の禁止に関する調査結果を公表した。

調査は、IIHSの付属機関であるHighway Loss Data Institute (HLDI)が実施した。運転中の携帯電話によるメールやウェブの利用を禁止した4州を調査したところ、法制化の前後に事故の減少は見られず、3州では事故が増加していた。

HLDIの以前の調査では、運転中の携帯電話による通話の禁止の法制化も、効果がなかったことが判明している。

詳細は、http://www.iihs.org/news/rss/pr092810.html

10月中の事故防止ポイント、道警

水曜日, 9月 29th, 2010

北海道警察は、29日、交通安全情報「10月中の事故防止ポイント」を公表した。

10月の北海道は、夕暮れから夜間に60歳以上の歩行者死亡事故や郊外部での車両単独死亡事故が多発する傾向がある。そのため、、運転者は夕暮れから夜間に注意することや、歩行者・自転車利用者は夜光反射材を着けることを呼び掛けている。

詳細は、http://www.police.pref.hokkaido.jp/info/koutuu/anzen_jyouho/anzen-jyouho-h220928.html

旭川市の市道で4人が死亡する重大事故発生、道警

水曜日, 9月 29th, 2010

北海道警察は、29日、交通安全情報「旭川市の市道で4人が死亡する重大事故発生」を公表した。

28日午後11時頃、旭川市の市道で、17歳から20歳の男女8人が乗る普通乗用車が左カーブを曲がり切れず単独事故を起こし、20歳の男性2人と18歳の女性2人の計4人が死亡するごとが発生した。

路面が濡れていたため、路面状況に応じた安全な速度で走ることや交通量が閑散な道路でも前方注視を怠らないことを呼び掛けている。

詳細は、http://www.police.pref.hokkaido.jp/info/koutuu/anzen_jyouho/anzen-jyouho-h220929.html

8月末の交通人身事故発生状況、東京都

水曜日, 9月 29th, 2010

警視庁は、29日、8月末の交通人身事故発生状況を公表した。

8月の死者数は18人で、前年より5人少なかった。負傷者数は5,076人で、前年より235人少なかった。事故件数は4,411件で192件少なかった。

8月末の死者数は134人で、前年同期比1人増となっている。負傷者数と事故件数は前年同期比で減少している。

詳細は、http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/toukei/jiko/jiko3.htm

「モビ・レポ」神子島みか後編、トヨタ・モビリタ

火曜日, 9月 28th, 2010

トヨタ自動車は、28日、「モビ・レポ」神子島みか後編を公表した。

ギャル系レーシングドライバーの神子島(かごしま)みか選手が、モビリタのプログラムを体験した印象と、自分なりの交通安全を語っている。。

詳細は、http://www.toyota.co.jp/mobilitas/mobirepo/vol1_2/p1.html

5年間で7万2,000人がシートベルトで助かった、米国NHTSA

火曜日, 9月 28th, 2010

米国運輸省道路交通安全局(National Highway Traffic Safety Administration: NHTSA)は、27日、シートベルトとチャイルドシート、飲酒年齢制限法の政策効果に関する調査結果を公表した。

調査によると、2009年には、シートベルトで12,713人の命が助かり、ヘルメットの着用により1,483人の命が助かった。2005年から2009年までの5年間に、シートベルトによって7万2,000人の、ヘルメットによって8,328人の命が助かったと試算している。

また、2009年の一年間で、飲酒年齢制限法によって623人の、チャイルドシートによって309人の命が助かったとしている。

詳細は、http://www.nhtsa.gov/PR/DOT-178-10

反射材フェア2010、特別ゲストにDAIGO

火曜日, 9月 28th, 2010

財団法人全日本交通安全協会は、「反射材フェア2010」の実施要項を公表した。

10月16日土曜日と17日日曜日に、東京都豊島区の池袋サンシャインシティ アルパB1F噴水広場で開催する。オープニングセレモニーの特別ゲストはDAIGOさん。反射材ファッションショーやお笑いライブ、地域交流ステージの他、反射材用品展示コーナー、反射材体験コーナーなどで展示を行う。

詳細は、http://www.jtsa.or.jp/topics/T-168.html

あなたのまちの交通事故発生マップと交通事故発生状況一覧更新、大阪府警

月曜日, 9月 27th, 2010

大阪府警察は、27日、あなたのまちの交通事故発生マップと交通事故発生状況一覧を更新した。

データが7月末現在に更新された。市区町村別交通事故発生マップは、全事故、こども・高齢者、歩行者・自転車のマップが、交通事故発生状況一覧は類型別と状態別・年齢層別一覧が公開されている。

詳細は、http://www.police.pref.osaka.jp/03kotsu/map/index.html

チャイルドシートの使用率は89%、米国NHTSA

金曜日, 9月 24th, 2010

米国運輸省道路交通安全局(National Highway Traffic Safety Administration: NHTSA)は、23日、チャイルドシートの使用状況調査結果を公表した。

1歳から3歳までのチャイルドシートの使用率は、前年の92%から96%に上昇した。4歳から7歳までのブースターシート(ジュニアシート)の使用率は、前年と同じ41%だった。13歳未満全体のチャイルドシートの使用率は前年と同じ89%だった。

詳細は、NHTSA Website

JAFからHEM-Netへ500万円に寄付

金曜日, 9月 24th, 2010

認定非営利特定活動法人救急ヘリ病院ネットワーク(HEM-Net)は、24日、社団法人日本自動車連盟(JAF)から500万円の寄付を受けたことを公表した。

寄付は、HEM-Netの「ドクターヘリ支援事業」の「医師・看護師等研修助成事業」への支援基金に充てられる。

詳細は、http://www.hemnet.jp/databank/detail/jaf.html

交通安全運動期間中に交通死亡事故が発生、北海道

金曜日, 9月 24th, 2010

北海道警察は、24日、交通安全情報「交通安全運動期間中に交通死亡事故が発生」を公表した。

恵庭市において、車両同士の出会い頭事故で、82歳の男性が死亡した。道警では、午後4時から10時までの夕暮れから夜間に特に注意することや、横断歩行者に注意すること、交差点での安全確認を徹底することなどを呼び掛けている。

詳細は、http://www.police.pref.hokkaido.jp/info/koutuu/anzen_jyouho/anzen-jyouho-h220922.html