Archive for 12月, 2010

北海道で外国人旅行者による重大事故発生、1月中の事故防止ポイント

火曜日, 12月 28th, 2010

北海道警察は、28日、交通安全情報「外国人旅行者による重大事故発生!」と「1月中の事故防止ポイント」を公表した。

外国人による重大事故は、22日水曜日に、喜茂別町の国道230号線で発生した。普通乗用車2台と中型貨物車2台の合計4台が関連する事故が発生し、普通乗用車1台の男性外国人運転者と同乗の8歳の外国人女性が死亡した。

1月は、昼間、郊外部での正面衝突事故や夕暮れ以降に高齢者が被害者となる歩行者事故が多発する傾向にある。道警では、運転者に対して、冬のスリップ事故に注意することや、夕暮れ以降の歩行者に注意すること、歩行者に対して、道路を横断する時に注意することを呼び掛けている。

詳細は、外国人による重大事故が、http://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/info/koutuu/anzen_jyouho/anzen-jyouho-h221224.html、1月中の事故防止ポイントが、http://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/info/koutuu/anzen_jyouho/anzen-jyouho-h221227.html

高齢者の交通事故が3件連続発生、東京

火曜日, 12月 28th, 2010

警視庁は、28日、高齢者交通安全情報「緊急事態!高齢者の交通事故 連続3件発生!」を公表した。

24日金曜日の夕方から夜に掛けて、高齢者が関係する事故が連続3件発生した。70歳代と80歳代の歩行者と、70歳代のタクシー同乗者が事故に遭った。

詳細は、http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/kotu_jyoho/pdf/kourei/no40_221227.pdf

東北地方の大雪により救援依頼が前年比3.6倍、JAF

火曜日, 12月 28th, 2010

社団法人日本自動車連盟(JAF)は、28日、東北地方の大雪により救援依頼が急増したと発表した。

25日頃からの福島県会津地方を中心とする積雪の影響で、東北地方でのロードサービス依頼受付件数が、24日から26日の3日間の合計で7,943件となり、前年同期比362.5%となった。救援依頼の内容は、積雪による事故、落輪、落ち込み、乗り上げ(スタック)、スリップなどが半数以上を占めている。

JAFでは、関東本部栃木支部からロードサービスカー2台を応援に回している。

詳細は、http://www.jaf.or.jp/profile/news/file/2010_36.htm

[リコール] 日産・マーチとキューブのエンジン制御用電源リレー

月曜日, 12月 27th, 2010

国土交通省は、27日、日産自動車から安全関連のリコールの届出があったことを公表した。

平成15年11月21日から平成18年1月9日に製造されたマーチとキューブの計2車種、計20,648台。エンジン制御用電源リレーに内蔵されているダイオードの製造方法が不適切なため、導通不良となり、エンジンが始動しなくなり、エンジンが停止するおそれがある。10月28日に届出られたリコールの対象範囲を変更する届出。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_000756.html

1日で6人が死亡、大阪府で交通死亡事故激増

月曜日, 12月 27th, 2010

大阪府警察は、27日、12月の交通死亡事故発生状況を公表した。

大阪府では、12月中の交通事故死者が激増しており、23日現在22人が死亡している。14日から23日までの10日間で14人が死亡し、特に、23日には1日で6人が死亡した。

深夜から早朝にかけて死亡事故が多発しており、14件発生し、15人が死亡した。また、歩行中と自転車乗用中の死者が13人で、二輪車乗車中の死者が7人となっている。

詳細は、http://www.police.pref.osaka.jp/15topics/kotsu/gekizou/index.html

あなたのまちの交通事故発生マップと交通事故発生状況一覧更新、大阪府警

月曜日, 12月 27th, 2010

大阪府警察は、27日、あなたのまちの交通事故発生マップと交通事故発生状況一覧を更新した。

データが10月末現在に更新された。市区町村別交通事故発生マップは、全事故、こども・高齢者、歩行者・自転車のマップが、交通事故発生状況一覧は類型別と状態別・年齢層別一覧が公開されている。

詳細は、http://www.police.pref.osaka.jp/03kotsu/map/index.html

警視庁、交通安全情報を連続発表

金曜日, 12月 24th, 2010

警視庁は、24日、高齢者交通安全情報「高齢者の交通死亡事故発生!」、交通安全情報(事業主・職業運転者の交通事故防止関連)「貨物車が関与する死亡事故連続発生」、二輪車交通安全情報「駐車車両等への追突による交通死亡事故急増!」を公表した。

12月17日に杉並区内で、横断歩道を横断中の70歳代の高齢者が、自家用中型貨物自動車と衝突し、死亡する事故が発生した。都内では、前年より6人多い48人の高齢者が歩行中に死亡している。

また、18日は大田区内で、横断歩道を横断中の60歳代の男性とトラックが衝突する事故が発生し、男性が死亡した。12月に入って、貨物車が関与する死亡事故が8件発生している。

二輪車では、12月に入って死亡事故が6件発生し、3件が二輪車の追突事故だった。

詳細は、高齢者が、http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/kotu_jyoho/pdf/kourei/no38_221220.pdf、事業主・職業運転者が、http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/kotu_jyoho/pdf/jigyo_shokugyo/h22/jyouhou_221220.pdf、二輪車が、http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/kotu_jyoho/pdf/nirin/h22/nirin_123.pdf

損保協会の「エコ安全ドライブCLUB」、プレゼントの抽選会

金曜日, 12月 24th, 2010

社団法人日本損害保険協会は、22日、エコ安全ドライブの賛同者が登録する「エコ安全ドライブCLUB」において、キャンペーンの抽選会を実施したと発表した。

「エコ安全ドライブCLUB」では、個人メンバーの登録者30人につき1人にQUOカード1,000円分を、燃費を報告した人を対象に、2ヶ月ごとに2人にQUOカード10,000円分をプレゼントしている。

2010年11月末までの個人登録者と、2010年10月、11月の燃費計測応募者を対象に、12月20日月曜日に抽選会を開催した。

詳細は、http://www.sonpo.or.jp/news/information/2010/1012_01.html

スズキ・ソリオ、後席中央に3点式シートベルトを採用

金曜日, 12月 24th, 2010

スズキは、24日、小型自動車「ソリオ」を全面改良、2011年1月7日から販売を開始する。

前席サイドエアバッグは、上位グレードと中位グレードに標準装備、前後席カーテンエアバッグはスピン防止装置「ESP」とセットで上位グレードにオプション設定した。

後席中央のシートベルトは3点式。プライバシーガラスは全車に標準装備する。

詳細は、ニュースリリースが、http://www.suzuki.co.jp/release/a/2010/1224/index.html、商品紹介ページが、http://www.suzuki.co.jp/car/solio/

ホンダの「地区普及ブロック」による交通安全活動

金曜日, 12月 24th, 2010

本田技研工業は、24日、「地区普及ブロック」における交通安全活動に関する情報を更新した。

「地区普及ブロック」は、同社の工場や本田技術研究所が所在する栃木、埼玉、浜松、鈴鹿、熊本で活動している。活動内容や、今後の活動予定が紹介されている。

栃木普及ブロックでは、11月21日日曜日に宇都宮市で開催された「とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ」で「親子でバイクを楽しむ会」を開催した。

詳細は、http://www.honda.co.jp/safetyinfo/board/area/

交通安全環境研究所の田中主席研究員が国際学会で発表

金曜日, 12月 24th, 2010

独立行政法人交通安全環境研究所は、24日、同研究所の田中良知主席研究員がProtection of children in cars Conferenceで発表したことを公表した。

第8回「Protection of children in cars conference」は、24カ国から137人が参加し、12月2日と3日の両日、ドイツ・ミュンヘンのTÜVアカデミーで行われた。発表題目は「様々な実車側面衝突実験時のISOFIX固定チャイルドシートに座っている子供乗員の挙動」。

詳細は、http://www.ntsel.go.jp/news/2010/101224_children.html

「安全性優良事業所」6,061事業所を公表、全日本トラック協会

金曜日, 12月 24th, 2010

社団法人全日本トラック協会は、24日、「安全性優良事業所」6,061事業所を公表した。

全国貨物自動車運送適正化事業実施機関である全日本トラック協会は、「安全性優良事業所」を認定している。今年度に認定された6,061事業所の事業所名・住所・電話番号が公表された。

詳細は、http://www.jta.or.jp/tekiseika/teki_list/2010/index.html

年末年始はバッテリー上がり・タイヤの滑り止め・燃料に注意、JAF

金曜日, 12月 24th, 2010

社団法人日本自動車連盟(JAF)は、24日、ロードサービスの出動データから年末年始のドライブの注意点をまとめ、公表した。

気温が低下する12月と1月は「バッテリー上がり」の救援依頼が多く、月8万件以上の出動がある。また、タイヤチェーンの準備や、スタッドレスタイヤに履き替えた際にはナットの締め忘れに注意すること、「軽油の凍結」や燃料切れに注意することを呼び掛けている。

詳細は、http://www.jaf.or.jp/profile/news/file/2010_35.htm

「高速道路における発炎筒の使い方等心得ポスター」を作成・配布

金曜日, 12月 24th, 2010

財団法人日本交通安全教育普及協会は、24日、「高速道路における発炎筒の使い方等心得ポスター」を作成・配布したと発表した。

日本保安炎筒工業会の協力を受け、発炎筒の使い方を分かりやすく解説したB2版カラー4色のポスターを作成した。都道府県庁や政令指定都市市役所、都道府県警察本部、都道府県指定自動車教習所協会および全国の指定自動車教習所、NEXCO三社に配布し、それぞれの施設や高速道路のサービスエリア・パーキングエリアで掲出する。

詳細は、http://www.jatras.or.jp/kensyu_jisshijirei/koutsuanzen_3_02.html

NASVA十大ニュース

金曜日, 12月 24th, 2010

独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)は、22日、「2010年NASVA十大ニュース」を公表した。

行政刷新会議WGによる事業仕分けが実施されたことや、「自動車事故による遷延性意識障害者のための在宅介護セミナー」を開催したこと、NASVA適性診断受診者数が1,000万人を突破したことなどが選ばれている。

詳細は、http://www.nasva.go.jp/gaiyou/topics/2010/101222.html