Archive for 4月, 2012

交通事故医療研究助成募集、損保協会

金曜日, 4月 27th, 2012

一般社団法人日本損害保険協会は、27日、2012年度交通事故医療研究助成の募集要項を公表した。

一般助成は、交通外傷に携わる医師などの研究者が実施する交通事故医療に関する臨床的研究に助成する。助成金額は1件あたり原則100万円。助成総額は3,400万円。応募にあたっては、研究の内容を承知している所属長の推薦が必要。

特定助成は、「骨・軟部組織外傷における新規治療法の開発」、「中枢神経系のアンチエイジング。中枢神経外傷との関連において。」、「外傷後の摂食・嚥下リハビリテーションの革新的研究」に対して助成する。助成金額は1件300万円から500万円。総額は、3,000万円。研究代表者が申請する。

締切は6月15日金曜日。

詳細は、http://www.sonpo.or.jp/news/information/2012/1204_06.html

2011年度のNASVA業務実績

金曜日, 4月 27th, 2012

独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)は、27日、2011年度の業務実績を公表した。

被害者支援の訪問支援は、対前年度比381件、24.4%増加の1,940件だった。適性診断の「カウンセリング付き定期診断」は、対前年度比1,587人、63.5%増加の4,085人が受診した。指導講習は、対前年度比0.4%増加の約14万人が受講した。

詳細は、http://www.nasva.go.jp/gaiyou/topics/2012/120427.html

[自主改善] 緊急脱出用ハンマーでガラスが割れない

金曜日, 4月 27th, 2012

国土交通省は、27日、えむ.しー.じゃぱんから自主改善の届出があったことを公表した。

平成21年7月9日入荷分のエマージェンシーハンマーの6,000個。ハンマーの金属部分の熱処理が不十分なため、強度が不足し、ガラスが割れないおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001059.html

トヨタ・プロボックスとサクシードのワゴン、後席中央席に3点式シートベルトとヘッドレスト

木曜日, 4月 26th, 2012

トヨタ自動車は、26日、プロボックスとサクシードを一部改良、同日、販売を開始した。

安全関連では、ワゴンの後席中央席に3点式シートベルトを標準装備した。バンには2点式シートベルトが装備される。また、後席中央席ヘッドレストを、ワゴンの上位グレードに標準装備、下位グレードにオプション設定した。

詳細は、ニュースリリースが、http://www2.toyota.co.jp/jp/news/12/04/nt12_018.html、プロボックス ワゴンの商品紹介ページが、http://toyota.jp/proboxwagon/、プロボックス バンの商品紹介ページが、http://toyota.jp/proboxvan/、サクシード ワゴンの商品紹介ページが、http://toyota.jp/succeedwagon/、サクシード バンの商品紹介ページが、http://toyota.jp/succeedvan/

高齢者被害の死亡事故続発、北海道

木曜日, 4月 26th, 2012

北海道警察は、26日、交通安全情報「高齢者被害の死亡事故続発!」を公表した。

4月に入って、高齢歩行者が死亡する事故が連続発生し、7人が死亡している。5人は夜間に起きた事故で死亡しており、4人は車両から見て右から左に横断していた。

ドライバーに対して、高齢歩行者や自転車の動きに十分注意することや、夜間はライトを遠目にすることを呼び掛けている。

詳細は、http://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/info/koutuu/anzen_jyouho/anzen-jyouho-h240425-2.html

北海道の5月中の事故防止ポイント

木曜日, 4月 26th, 2012

北海道警察は、26日、交通安全情報「5月中の事故防止ポイント」を公表した。

過去5年の統計では、郊外での車両単独事故、市街地交差点での歩行者事故が多発している。

道警では、スピードダウンをすることや、ゆとりを持ったドライブ計画を立てることを呼び掛けている。

詳細は、http://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/info/koutuu/anzen_jyouho/anzen-jyouho-h240323.html

警視庁高速道路交通警察隊管内の交通事故

木曜日, 4月 26th, 2012

警視庁は、26日、高速道路交通警察隊管内の事故発生地点を公表した。

4月20日金曜日に、首都高速道路1号羽田線下りで、故障して停車していた普通乗用車に中型貨物車が衝突し、普通乗用車の後席に同乗していた50歳代の女性が死亡した。

高速道路や自動車専用道路を走行するときは、停止表示器材や発炎筒などの使い方を予め確認し、携行するよう呼び掛けている。

詳細は、http://www3.wagamachi-guide.com/jikomap/info2.asp?id=06920120352

5月の予報版交通安全情報、警視庁

木曜日, 4月 26th, 2012

警視庁は、26日、自転車交通安全情報「防ごう!自転車の交通事故」を公表した。

交通事故に占める自転車事故の割合は年々増加しており、全国平均を大きく上回っている。4月の自転車事故の特徴として、出会い頭の事故と安全不確認による事故が多く、午前8時から10時までの時間帯に、20歳代、30歳代の事故が多い。

詳細は、http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/kotu_jyoho/pdf/bicycle/h24/h240425.pdf

SUPER GT 第2戦にJAFブースを出展

木曜日, 4月 26th, 2012

一般社団法人日本自動車連盟(JAF)は、26日、SUPER GT 第2戦にJAFブースを出展することを公表した。

5月3日木曜日と4日金曜日に、静岡県小山町の富士スピードウェイで開催される「SUPER GT 第2戦」に、ブースを出展する。正しいチャイルドシート活用講座やキッズモータースポーツライセンスの発行などを実施する。

詳細は、http://jafevent.jp/event_info/area_info/index.php?From=detail&contribution_id=40360

「エコ&セーフティ神戸カーライフ・フェスタ2012」、JAF

木曜日, 4月 26th, 2012

一般社団法人日本自動車連盟(JAF)は、26日、「エコ&セーフティ神戸カーライフ・フェスタ2012」の開催要項を公表した。

5月19日土曜日と20日日曜日の2日間、神戸市中央区の神戸メリケンパークで開催する。交通安全関連では、クルマ横転体験マシンや先進安全自動車の体験会、こども交通安全教室などを実施する。

詳細は、http://www.jaf.or.jp/profile/news/file/2012_05.htm


大きな地図で見る

無料の自転車保険をauスマートパス会員に提供

木曜日, 4月 26th, 2012

au損害保険は、26日、auスマートパス会員向け「無料・自転車保険」の引受をすることを公表した。

KDDIと沖縄セルラー電話が「auスマートパス」(月額390円)会員向けに無料で提供する、KDDIを包括契約者とする自転車搭乗中等のみ特約付きスタンダード傷害保険を引き受ける。「自転車に乗っている間の事故」と「自転車に乗っていない時に運行中の自転車と衝突、接触した事故」に遭い3日間以上入院した場合、入院一時金として15,000円を支払う。

詳細は、http://www.au-sonpo.co.jp/pc/corporate/news/2012/newsrelease_120426.html

第4回「自動車整備技術の高度化検討会」は5月9日

木曜日, 4月 26th, 2012

国土交通省は、26日、第4回「自動車整備技術の高度化検討会」の開催要項を公表した。

5月9日水曜日に、東京都千代田区の経済産業省別館で開催する。議題は、標準仕様機を使用した調査の実施状況の報告や各ワーキンググループの検討状況の報告など。

傍聴が可能で、希望者は、5月7日月曜日17時までに、電子メールまたはファクシミリで傍聴登録する。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha09_hh_000060.html

交通事故被害者支援の報告書とパンフレットを公表、内閣府

木曜日, 4月 26th, 2012

内閣府共生社会政策統括官交通安全対策担当は、26日、2011年度「交通事故被害者サポート事業報告書」と「交通事故被害者等向けパンフレット」を公表した。

交通事故被害者サポート事業報告書には、交通事故被害者サポート事業検討会や、自助グループ連絡会議、各種相談窓口等意見交換会、子どもの頃に交通事故で家族を亡くした遺族に対するWEB調査の結果などの活動が紹介されている。

交通事故被害者等向けパンフレットは、「交通事故で家族を亡くした子どもの支援のために」と題し、交通事故で家族を亡くした子どもの反応や子どもへの対応、亡くなったことについての説明、支援情報と支援機関に関する情報が盛り込まれている。

詳細は、報告書が、http://www8.cao.go.jp/koutu/sien/h23sien/index_pdf.html、パンフレットが、http://www8.cao.go.jp/koutu/sien/h23pamphlet/index_pdf.html

3車種が満点の5つ星・大賞はレクサス・CT200h、自動車アセスメント

水曜日, 4月 25th, 2012

国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)は、25日、自動車アセスメントとチャイルドシートアセスメント結果を公表した。

自動車アセスメントでは、電気自動車1車種、軽自動車2車種、乗用車10車種、1ボックス1車種の計14車種を試験した。今回から、歩行者頭部保護性能試験に加え歩行者脚部保護性能試験を新規に実施し、乗員保護と歩行者保護とを総合的に安全性能評価を行う「新・安全性能総合評価」を導入した。

その結果、レクサス・CT200h、日産・エルグランド、スバル・レガシィの3車種が満点の5つ星、日産・リーフ、ダイハツ・ミラ イース、アウディ・A1、トヨタ・ヴィッツ、トヨタ・ラクティス/スバル・トレジア、トヨタ・プリウスα、BMW・X1の計7車種が4つ星、スズキ・MRワゴン/日産・モコ、スズキ・スプラッシュ、スズキ・ソリオ/三菱・デリカD:2、フィアット・500、500C/アバルト・500、500Cの計4車種が3つ星と評価された。

レクサス・CT200h、日産・エルグランド、スバル・レガシィの3車種には、新設された「ファイブスター賞」が、レクサス・CT200hには、自動車アセスメント大賞が贈られた。

チャイルドシートは、乳児・幼児兼用5製品、幼児専用1製品を試験した。優、良、普、推奨せずの4段階で評価した結果、タカタ・takata04-i fixは、乳児用、幼児用のいずれも「優」、タカタ・takata04-popsは、乳児用が「優」、幼児用が「良」、アップリカ・フラディアは乳児用は「優」、乳児用ベッドと幼児用としては「良」、ピジョン・cunaは、乳児用が「優」、幼児用が「良」、リーマン・ピピデビューは、乳児用が「優」、幼児用が「良」、コンビ・ジョイトリップは、幼児用が「普」と評価された。

詳細は、国土交通省が、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000104.html、NASVAが、http://www.nasva.go.jp/gaiyou/topics/2012/120425.htmlと、http://www.nasva.go.jp/gaiyou/topics/2012/120425_2.html、トヨタが、http://www2.toyota.co.jp/jp/news/feature/20120425.html

日産・シーマ、先進安全装備もテンコ盛り

水曜日, 4月 25th, 2012

日産自動車は、25日、乗用車「シーマ」を発表、5月21日から販売を開始する。

先進安全装備は、インテリジェントペダル(ディスタンスコントロールアシスト)、インテリジェントクルーズコントロール、インテリジェントブレーキアシスト、前席緊急ブレーキ感応型プリクラッシュシートベルト、LDP(車線逸脱防止支援システム)、LDW(車線逸脱警報)、FCW(前方車両接近警報)、アクティブAFS、エアバッグ展開連動ハザードランプや、ナビゲーションと連動する小学校付近の安全運転ガイド、高速道路での逆走報知が、全車に標準装備される。ディーラーオプションの「VICS対応キット」を選択すると、安全運転支援システム(DSSS)が機能する。

エアバッグは、前席サイドエアバッグと前後席カーテンエアバッグが用意されるが、後席サイドエアバッグやニーエアバッグの設定はない。後席中央席は3点式シートベルトで、プライバシーガラスは全車標準装備。

詳細は、ニュースリリースが、http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2012/_STORY/120425-01-j.html、商品紹介ページが、http://www2.nissan.co.jp/CIMA/