Archive for 5月, 2012

[リコール] いすゞ・ギガ、エンジンに3つの不具合

木曜日, 5月 31st, 2012

国土交通省は、31日、いすゞ自動車から安全関連のリコールの届出があったことを公表した。

平成17年7月22日から平成23年9月25日に製造されたギガの30,137台。燃料供給ポンプを作動させるベアリングケースに不具合があり、走行不能になったり、操舵力が増大するおそれがある。また、ブローバイガス還元装置に不具合があり、急傾斜の坂道で、シリンダー内にエンジンオイルが混入し、エンジン回転数が上がり、エンジンが損傷、再始動できなくなるおそれがある。さらに、燃料噴射プログラムに不具合があり、冷却水が高温時に、ピストンが高温になって亀裂が生じ、エンジンの出力が低下、白煙が出て、走行不能になるおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001085.html

ルートバンも安全性向上、トヨタ・ダイナとトヨエース1t積系

水曜日, 5月 30th, 2012

トヨタ自動車は、30日、ダイナとトヨエース1t積系のルートバンを一部改良、6月1日から販売を開始する。

助手席側前輪付近の下方視界を確保するワイドビューミラーと、対向車や歩行者への眩惑を低減したフロントフォグランプを全車に標準装備した。

詳細は、ニュースリリースが、http://www2.toyota.co.jp/jp/news/12/05/nt12_0513.html、ダイナの商品紹介ページが、http://toyota.jp/dyna/、トヨエースの商品紹介ページが、http://toyota.jp/toyoace/

[リコール] ダイハツ・パイザー、冷却水が漏れてエアバッグが展開する

水曜日, 5月 30th, 2012

国土交通省は、30日、ダイハツ工業から安全関連のリコールの届出があったことを公表した。

ダイハツは、平成8年8月6日から平成12年6月7日に製造されたパイザーの44,098台。ヒーター内を循環する冷却水のメンテナンスが不適切な場合、内部のヒーターコアが腐食し、漏れた冷却水がエアバッグコンピュータの内部に入り、エアバッグ回路が短絡、警告灯が点灯し、走行中にエアバッグが展開するおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001075.html

[リコール] ヤマハ・XVS400ドラッグスター、防水が甘くECUなどが誤作動

火曜日, 5月 29th, 2012

国土交通省は、29日、ヤマハ発動機、トランテックス、三菱ふそうトラック・バス、ハーレーダビッドソンジャパンから安全関連のリコールの、ハーレーダビッドソンジャパンから自主改善の報告があったことを公表した。

ヤマハ発動機は、平成21年10月9日から平成24年4月27日に製造されたXVS400ドラッグスター、XVS400Cドラッグスタークラシックの計2車種、計2,348台。メインハーネスのジョイントコネクタの防水構造が不適切なため、エンジンコントロールユニット(ECU)や一部のセンサー・アクチュエータの端子部にまで水が浸入し、エンジンが停止して再始動できなくなり、速度計が誤った表示をし、排出ガス値が基準値を超えるおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001076.html

トランテックスは、平成22年12月13日から平成24年3月6日に製造された日野・ブロフィア、三菱ふそう、いすゞ・ギガ、UDトラックスの計4車種、計199台。フェンダー天井板取付リベットが腐食し、取付リベットとともにフェンダー天井板が脱落するおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001077.html

三菱ふそうは、平成16年5月24日から平成24年4月20日に製造された、ふそう・ファイターの4,487台。クランクシャフトプーリーの゙ベルト溝部の肉厚が不足しているため、゚プーリーが破損するおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001084.html

ハーレーダビッドソンのリコールは、平成11年11月26日から平成23年10月13日に輸入されたヘリテイジ・ソフテイル・クラシック、ファットボーイ、ワイドグライドなど計20車種、計200台。゙ディーラーオプションのステンレスメッシュ製ブレーキホースのチューブの材質が不適切なため、亀裂が入り、ブレーキフルードが漏れ、制動力が低下するおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001086.html

ハーレーダビッドソンの自主改善は、平成22年7月から平成24年2月に出荷されたブレーキホース525個。ディーラーオプションのステンレスメッシュ製ブレーキホースのチューブの材質が不適切なため、亀裂が入り、ブレーキフルードが漏れ、制動力が低下するおそれがある。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001087.html

ボルボの自動運転技術「SARTRE」、スペインの公道で初走行実験

火曜日, 5月 29th, 2012

ボルボ・カーズ・ジャパンは、29日、スペインの一般公道で行われた自動運転技術「SARTRE」の走行実験の結果を公表した。

一般車両が走行する中、プロドライバーが運転する先導車の後ろを、ボルボXC60、V60、S60と1台のトラックの隊列が、自動運転で追随するロードトレインとして走行した。

「SARTRE(Safe Road Trains for the Environment)」プロジェクトは、英国リカルド社の主導により、ボルボなどが参画している。

詳細は、http://www.volvocars.com/jp/top/about/news-events/pages/default.aspx?itemid=102

奥多摩周遊道路で二輪車単独の交通死亡事故発生

火曜日, 5月 29th, 2012

警視庁は、29日、二輪車交通安全情報「奥多摩周遊道路で二輪車単独の交通死亡事故発生」を公表した。

5月26日土曜日に、奥多摩周遊道路で二輪車がカーブを曲がり切れずに側壁に衝突し、30歳代の男性が死亡した。本年の二輪車関与の死亡事故は、昨年同期より2件多い20件で、うち、9件が単独事故となっている。

詳細は、http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/kotu_jyoho/pdf/nirin/h24/nirin_h240528.pdf

警視庁高速道路交通警察隊管内の交通事故

火曜日, 5月 29th, 2012

警視庁は、29日、高速道路交通警察隊管内の事故発生地点を公表した。

4月29日日曜日に、首都高速道路中央環状線外回りで、自動二輪車が側壁に衝突し、40歳代の男性が死亡した。

スピードを抑え、ヘルメットとプロテクターを装着することを呼び掛けている。

詳細は、http://www3.wagamachi-guide.com/jikomap/info2.asp?id=06920120352

夕方から夜間の市街地交差点での歩行者被害の事故が多発、6月の北海道

火曜日, 5月 29th, 2012

北海道警察は、29日、6月の過去5か年の交通死亡事故実態を公表した。

6月の北海道は、18時から24時に掛けて、市街地交差点での歩行者被害の事故が多発している。6時から8時、12時から16時は郊外での正面衝突、車両単独事故が多発し、最高速度違反が原因の事故が多い。

詳細は、http://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/statis/jiko/jiko-taihi/jiko-taihi.html

愛知県の交通モラルに関するアンケート

火曜日, 5月 29th, 2012

愛知県警察は、29日、愛知県の交通モラルに関するアンケートを開始した。

他の都道府県と比較して愛知県の交通モラルをどう思うかや、愛知県のドライバーの交通モラルが低いと感じたことの有無、交通モラルの高さと交通事故の関係に関する考え方などを尋ねている。

詳細は、https://www.pref.aichi.jp/police/mail/moral.html

6月は「不正改造車を排除する運動」強化月間

火曜日, 5月 29th, 2012

国土交通省は、29日、「不正改造車を排除する運動」と「ディーゼルクリーン・キャンペーン」の強化月間に関する情報を公表した。

6月を「不正改造車を排除する運動」と「ディーゼルクリーン・キャンペーン」の強化月間とし、全国で171回の街頭検査を計画している。窓ガラスへの着色フィルム等の貼付や灯光の色が不適切な灯火器及び回転灯等の取付けなどに対しては、整備命令を出し、命令に従わない場合は、車両の使用停止などの処分を行う。

「不正改造110番」と「黒煙110番」を運輸支局などに設置し、不正改造実施者に対する立入検査や報告徴収、ポスターの掲出やチラシの配布による自動車使用者への啓発を実施する。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha09_hh_000061.html

陸援隊に対する事業許可の取消処分手続を開始、国交省

火曜日, 5月 29th, 2012

国土交通省は、29日、陸援隊に対する事業許可の取消処分に係る聴聞手続に関する情報を公表した。

4月29日に発生した関越自動車道における高速ツアーバスの事故を受け、関東運輸局が3度の立入検査を行ったところ、多数の道路運送法の違反事項を確認したため、事業許可の取消処分に係る聴聞手続に入ることとした。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha02_hh_000087.html

「交通安全白書」を閣議決定

火曜日, 5月 29th, 2012

政府は、29日、2012年版「交通安全白書」を閣議決定した。

交通安全白書は、交通安全対策基本法に基づき、毎年国会に提出する年次報告書。2011年度の「交通事故の状況及び交通安全施策の現況」と2012年度の「交通安全施策に関する計画」などからなる。「東日本大震災における各交通分野の安全確保に向けた取組状況」など8つのトピックスが盛り込まれている。

詳細は、http://www8.cao.go.jp/koutu/taisaku/index-t.html

自動二輪車死亡事故多発、静岡県

月曜日, 5月 28th, 2012

静岡県警察は、28日、交通事故をなくそう「自動二輪車死亡事故多発」を公表した。

今年に入って、自動二輪車による死亡事故が多発しているため、制限速度を守ることや、交差点では右折する対向車に気をつけること、無理な追い越しをしないこと、無理のない計画を立てること、ヘルメットを正しく着用し、プロテクターやエアバッグジャケットを装着することを呼び掛けている。

詳細は、http://www.police.pref.shizuoka.jp/koutu/nirinsyajiko/nirinsya.htm

ツーリング中のバイク事故発生、北海道

月曜日, 5月 28th, 2012

北海道警察は、28日、交通安全情報「ツーリング中のバイク事故発生」を公表した。

5月20日日曜日に伊達市内で、ツーリング中の二輪車が対向車線にはみ出し、対向車と衝突、二輪車を運転していた42歳の男性が死亡する事故が発生した。

過去5年間の死亡事故の特徴としては、最高速度違反や、ハンドル、ブレーキなどの操作ミスが多く、30歳代から50歳代は750cc以上の大型バイクでの事故が多い。ツーリングでの事故防止ポイントとして、自分の運転技術を過信することは禁物であることや、グループのリーダーを決め、運転技術の劣るライダーに運転のペースを合わせることなどを呼び掛けている。

詳細は、http://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/info/koutuu/anzen_jyouho/anzen-jyouho-h240522.html

「交通事故の減少を目指して」を更新、北海道警察

月曜日, 5月 28th, 2012

北海道警察は、28日、ホームページ「交通事故の減少を目指して」を更新した。

交通事故死者数、交通死亡事故の主な特徴、高齢者の実態(死者数、人口)、高齢者の状態別、高齢ドライバーの事故実態(第1当事者)、歩行中の事故実態、死者数及びシートベルト着用率の推移、死亡事故の実態(自動車乗車中の死者数 102人)が掲載されている。

詳細は、http://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/info/koutuu/jiko_genshou/jiko_genshou.html