プリヂストン、低燃費とウエット性能が最高評価のタイヤを来夏発売

ブリヂストンは、29日、タイヤの「ラベリング制度」で、低燃費グレードとウェットグリップ性能ともに最高グレードを達成する技術を開発したことを公表した。

材料技術「NanoPro-Tech(ナノプロ・テック)」とグリップ向上技術を融合し、新開発のグリップ向上パタンと組み合わせることで、相反する転がり抵抗とウェットグリップ性能を高いレベルで両立させた。

新技術は、2012年7月頃に発売予定の「ECOPIA EP001S」に搭載される。

詳細は、http://www.bridgestone.co.jp/corporate/news/2011112901.html

Tags:

Leave a Reply