「インフラ協調による安全運転支援システム」の公道走行実験、トヨタ

トヨタ自動車は、22日、「インフラ協調による安全運転支援システム」の公道走行実験を実施することを公表した。

警察庁が推進、社団法人 新交通管理システム協会(UTMS協会)が主催する「安全運転支援システム(DSSS)」の実証実験に参画し、3月から5月まで愛知県豊田市内で、社員の通勤用車両など40台が公道走行実験を行う。右折車の死角に入った対向直進車や横断中の歩行者を道路インフラ側に新たに設置したセンサーで検知、昨年12月にITS用に新たに割り当てられた700MHz帯の電波を利用し、ドライバーに情報を提供する。

詳細は、http://www2.toyota.co.jp/jp/news/12/02/nt12_0211.html

Tags:

Leave a Reply