「歩行環境シミュレータ」の出前講座、静岡県

静岡県は、21日、「歩行環境シミュレータ」を使用する「危険を安全に体験」出前講座に関する情報を公表した。

20人程度が集まる市町、自治会、老人クラブなどが開催する交通安全教室、イベントに出張する。所要時間90分で、「歩行環境シミュレータ」を使用した横断体験、体験結果に基づく学習を実施する。

シミュレータと参加者の座席を設置でき、カーテンやブラインドで暗くできる会場は、申込者が用意する。希望者は、郵送またはファクシミリで申し込む。

2月3日金曜日に、静岡市の横内学区老人クラブ連合会研修会での出前講座の模様が、写真付きで紹介されている。

詳細は、http://www.pref.shizuoka.jp/kenmin/km-130/demaekouza.html

Tags:

Leave a Reply