GW期間中のJAF出動件数は3.3%増

一般社団法人日本自動車連盟(JAF)は、11日、ゴールデンウィーク期間中のロードサービスの実施結果を公表した。

4月28日金曜日から5月6日日曜日期間中、ロードサービス救援実施件数6万8,367件で、昨年より2,205件、3.3%増加した。

救援依頼内容は、バッテリー上がりが最も多く、次いでタイヤのパンクが続いた。

詳細は、http://www.jaf.or.jp/profile/news/file/2012_08.htm

Tags: ,

Leave a Reply