第2回「一定の病気等に係る運転免許制度の在り方に関する有識者検討会」の資料、警察庁

警察庁は、27日、第2回「一定の病気等に係る運転免許制度の在り方に関する有識者検討会」の会議資料を公表した。

会議次第、名簿、配布資料、参考資料が公開された。

配布資料は、「一定の症状を有する者を的確に把握するための方策に関する論点」、「一定の症状の申告を行いやすい環境の整備方策に関する論点」、「各国における一定の病気等に係る欠格事由等(未定稿)」、「各国の免許申請時等における一定の病気等に係る自主申告 ・診断書提出義務等(未定稿)」、「米国及び英国における免許申請時の一定の病気等に係る 自主申告・診断書提出義務等の在り方(未定稿)」。参考資料は、「第1回一定の病気等に係る運転免許制度の在り方に関する有識者検討会議事概要」、「運転適性相談受理等件数の推移(主な病気別)(第1回追加資料5-1)」、「鹿沼児童6人クレーン車死亡事故を受けた取組」、「免許申請書の「診断書」添付(昭和42年)」。

詳細は、会議次第が、http://www.npa.go.jp/koutsuu/menkyo4/2/sidai.pdf、名簿が、http://www.npa.go.jp/koutsuu/menkyo4/2/meibo.pdf、配布資料が、http://www.npa.go.jp/koutsuu/menkyo4/2/siryo.pdf、参考資料が、http://www.npa.go.jp/koutsuu/menkyo4/2/sankosiryo.pdf

Tags: ,

Leave a Reply