7月末の交通死亡事故等の特徴、東京都

警視庁は、8日、7月末の交通死亡事故等の特徴を公表した。

7月中の死者数は13人で、前年より4人少なかった。負傷者数は4,744人で、457人の減少、事故件数は4,076件で、480件の減少だった。

死者は、年齢別では高齢者が最も多く、状態別では歩行中が最も多かった。

詳細は、http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/toukei/jiko/jiko2.htm

Tags: ,

Leave a Reply