歩行者の死者が4%増加、2010年の米国

米国運輸省道路交通安全局(National Highway Traffic Safety Administration: NHTSA)は、6日、2010年の歩行者事故の状況を公表した。

2010年に、前年より171人多い4,280人の歩行者が死亡した。交通事故死者全体の13%を占め、歩行者死亡事故の73%は都市部で発生した。80%近くが交差点以外で発生しており、約90%が晴天時に発生していた。また、68%が夜間に発生した。

詳細は、NHTSA Website

Tags:

Leave a Reply