福岡県で歩行者と運転者向け運動を展開

福岡県警察は、10日、歩行者の「止まって、見て、待って渡る」運動と、運転者の「よく見る、早く見つける」運動に関する情報を公表した。

歩行者の「止まって、見て、待って渡る」運動は、高齢者の死亡事故の多くが、道路横断中に発生しているが、その多くはドライバーが歩行者を見えていなかったり、見ていなかったりしたため、発見の遅れが原因とされる。高齢者には、道路を横断する際には、止まり、よく見て、待って渡ることと、目立つ服装をすることを呼び掛けている。

詳細は、http://www.police.pref.fukuoka.jp/kotsu/kotsukikaku/kotsukikakuanzen/hokousya.html

運転者の「よく見る、早く見つける」運動は、交通死亡事故の多くが、脇見運転や漫然運転であることや、夕暮れや夜間に、歩行者の見落としによる事故が多発しているため、よく見る、早く見つける、素早く反応することを呼び掛けている。

詳細は、http://www.police.pref.fukuoka.jp/kotsu/kotsukikaku/kotsukikakuanzen/untensya.html

Tags:

Leave a Reply