自転車総合対策推進検討委員会からの提言と意識調査結果、警視庁

警視庁は、15日、自転車総合対策推進検討委員会からの提言と意識調査結果を公表した。

有識者7人で構成する「自転車総合対策推進検討委員会」が、8月3日に「みんなで学び、みんなで守る~自転車利用のルール遵守とマナーの向上のための提言~」が、自転車総合対策本部長である副総監に提出した。

今後推進すべき具体的な対策として、小・中学生、高校生、大学生の別に対策が提言され、社会人に対しては、企業での対策の他に、子どもが通う学校を通じての対策、スーパーなどの日常生活の場面を活用した対策など実施するよう提言している。

詳細は、http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/bicycle_plan/bicycle_measures.htm

Tags:

Leave a Reply