Posts Tagged ‘交通安全環境研究所’

交通安全環境研究所は、講演会の講演概要を公表

木曜日, 5月 24th, 2012

独立行政法人交通安全環境研究所は、24日、講演会「日本の鉄道・自動車技術の国際標準化に向けて」の講演概要を公表した。

講演会は、5月22日に開催された。 自動車関連では、「自動車基準・認証の更なる国際調和の戦略的推進」、「官民連携による基準・認証国際調和活動の推進」、「変化する世界の市場と企業活動の実際、戦略的国際基準・標準化への取り組み」などの講演概要が公開された。

詳細は、http://www.ntsel.go.jp/event/kouenkai.html

契約事務職員を募集、交通安全環境研究所

月曜日, 5月 14th, 2012

独立行政法人交通安全環境研究所は、14日、契約事務職員の募集に関する情報を公表した。

業務内容は、自動車の技術情報に係るデータ入力、統計、分析及び資料の作成業務や、インターネットなどによる情報検索収集、出勤簿及び休暇簿等の整理、旅行計画書及び旅費請求書の作成業務など。

応募資格は、高卒以上で、Excel(各種関数、ピボットテーブル等の集計)やWordなどの基本操作ができることなど。

詳細は、http://www.ntsel.go.jp/recruit/2012/120514_recall.pdf

契約技術職員を募集、交通安全環境研究所

金曜日, 3月 2nd, 2012

独立行政法人交通安全環境研究所は、2日、自動車安全研究領域の契約技術職員の公募情報を公表した。

車検機器(A,B,S,H)に関する試験・調査に20年以上の経験を有し、自動車の安全性評価試験の実務経験があることなどが応募条件となっている。

3月12日火曜日までに履歴書を送付する。

詳細は、http://www.ntsel.go.jp/recruit/2012/120302anzen.pdf

自動車安全研究領域の契約職員募集、交通安全環境研究所

水曜日, 2月 15th, 2012

独立行政法人交通安全環境研究所は、6日、自動車安全研究領域の契約職員の公募情報を公表した。

契約職員は、受付、帳簿整理、電話対応の他、研究管理などのマネジメント(各種書類の作成、整理、資料コピー、事務連絡、会計事務など)、
Excel を中心とした簡易集計計算、グラフ作成補助などを行う。

採用は、4月1日付で1年間。最大で3年まで更新できる。履歴書を送付する。書類審査後、面接が行われる。

詳細は、

交通安全環境研究所、3年間任期付研究員を公募

金曜日, 1月 6th, 2012

独立行政法人交通安全環境研究所は、6日、自動車安全研究領域任期付研究員の公募情報を公表した。

研究員は、自動車の安全性に関する研究、特に衝突安全に関する研究を行う。具体的には、衝突時における物理現象の把握、解析を実施する。応募資格は、(1)理工系の専門知識を有し研究実績のある者、(2)博士の学位を有する者あるいは取得見込みの者、(3)年齢が35歳程度までの者。

締切は、1月27日金曜日。

詳細は、http://www.ntsel.go.jp/recruit/2012/120106_a.pdf

3人の契約技術職員を募集、交通安全環境研究所

土曜日, 11月 12th, 2011

独立行政法人交通安全環境研究所は、11日、自動車安全研究領域の契約技術職員の募集要項を公表した。

実車両走行実験、ドライビングシミュレータ実験などにおいてDEWETRON社製データロガー及び DEWsoftを用いて収集したデータの解析業務などを行うA、研究資料,報告及び論文の英和・和英の翻訳業務や英語による e-mail 対応,電話対応及び通訳業務などを行うB、交通シミュレーションプログラムのプログラミングやシミュレーション結果のデータ解析などを行うCの、3人を採用する。

詳細は、http://www.ntsel.go.jp/recruit/recruit.html

技術職員を募集、交通安全環境研究所

水曜日, 10月 26th, 2011

独立行政法人交通安全環境研究所は、10日、技術職員の募集要項を公表した。

技術職員は、発売予定の新型車の安全・環境基準への適合審査を行う。応募資格は、大卒以上で自動車メーカーなどて5年以上の勤務経験があり、特にパッシブセーフティや電気自動車・ハイブリッド自動車に関する研究・設計・開発の経験者。

リクナビNEXTから応募する。応募期限は、11月8日火曜日。

詳細は、http://www.ntsel.go.jp/recruit/110810.pdf

交通安全環境研究所「フォーラム2011」

木曜日, 10月 6th, 2011

独立行政法人交通安全環境研究所は、6日、「フォーラム2011」の開催要項を公表した。

11月8日火曜日と9日水曜日に、東京都渋谷区の国際連合大学 ウ・タント国際会議場で開催する。8日のテーマは「環境・エネルギーにやさしい自動車・交通システムの将来像について」、9日のテーマは「これからの自動車の安全と交通研の役割」。

詳細は、http://www.ntsel.go.jp/event/forum2011/index.html


大きな地図で見る

コラム「舞台裏の心配事」、交通安全環境研究所

水曜日, 8月 31st, 2011

独立行政法人交通安全環境研究所は、31日、コラム「舞台裏の心配事」を公表した。

自動車審査部の高木俊介氏が、道路運送車両法の基準の確認や試験に関する業務に関し、衝突実験を行う時の心情を記している。

詳細は、http://www.ntsel.go.jp/event/column/column027/index.html

専門調査員を募集、交通安全環境研究所

水曜日, 8月 10th, 2011

独立行政法人交通安全環境研究所は、10日、専門調査員の募集要項を公表した。

専門調査員は、リコールに関して、技術的検証を実施する。応募資格は、自動車の電気・電子系または制御系についての開発、設計等の高度な経験・知識を有し、自動車メーカーにおいて、または一次サプライヤーにおいて、10年以上の勤務経験があり、管理職の経験があることなど。

応募期限は、9月13日火曜日の消印有効。

詳細は、http://www.ntsel.go.jp/recruit/110810.pdf

契約職員を募集、交通安全環境研究所

金曜日, 8月 5th, 2011

独立行政法人交通安全環境研究所は、5日、契約職員の募集要項を公表した。

業務内容は、(資料作成、会議運営補助などの研究企画に関する業務や見学者対応、ホームページ編集・制作、受託業務に関する業務補助。

応募資格は、高卒以上で、Microsoft Wordなどによる資料作成や、ホームページ編集・制作ができることなど。

応募締め切りは8月19日金曜日。

詳細は、http://www.ntsel.go.jp/recruit/110805.pdf

交通関係独法研究所の業績評価に意見募集

火曜日, 7月 19th, 2011

国土交通省独立行政法人評価委員会交通関係研究所分科会は、意見募集に関する情報を公表した。

同分科会では、交通安全環境研究所、海上技術安全研究所及び電子航法研究所の2010年度業務実績評価及び第2期中期目標期間業務実績評価にあたり、意見募集を行う。

意見は、7月26日火曜日までに電子メール、ファクシミリ、郵送で送付する。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/policy/shingikai/s402_koutsu01.html

交通安全環境研究所の故米澤英樹主幹研究員がNHTSA賞を受賞

水曜日, 7月 6th, 2011

独立行政法人交通安全環境研究所は、5日、故米澤英樹主幹研究員がU.S. Government Awards for Safety Engineering Excellence
(通称NHTSA賞)を受賞したことを公表した。

NHTSA賞は、自動車の安全研究やを安全対策の分野で多大の功績を認められた研究者に贈られる賞。米澤氏は、衝突安全分野やチャイルドシート安全性向上、 JNCAPの評価法の開発、UN/WP29における自動車安全基準の国際調和活動が評価された。

米澤氏は4月に急逝したため、6月のESV国際会議で開催された表彰式には夫人が出席した。

詳細は、http://www.ntsel.go.jp/news/2011/nhtsa_awards.html

コラム「伝える心」、交通安全環境研究所

金曜日, 7月 1st, 2011

独立行政法人交通安全環境研究所は、1日、コラム「伝える心」を公表した。

交通システム研究領域の大野寛之氏が、高齢運転者標識や、聴覚障害者標識、身体障害者標識を紹介し、街にある様々な案内標識について考察している。

詳細は、http://www.ntsel.go.jp/event/column/column024/index.html

自動車安全研究領域の契約事務職員を募集、交通安全環境研究所

木曜日, 6月 9th, 2011

独立行政法人交通安全環境研究所は、9日、契約事務職員の募集要項を公表した。

職務内容は、自動車の技術情報に係るデータ入力、統計、分析及び資料の作成業務
や総務・人事・会計業務補助など。

詳細は、http://www.ntsel.go.jp/recruit/110609.pdf