Posts Tagged ‘全国交通安全運動’

静岡県の地域重点は市町が決定、秋の全国交通安全運動

金曜日, 8月 17th, 2012

静岡県は、17日、秋の全国交通安全運動の実施要綱を公表した。

静岡県の地域重点は、「各市町交通安全対策協議会等が決定する事項」とした。9月21日金曜日は「初日街頭指導・広報の日」、26日水曜日は夕暮れ時から夜間の交通事故防止の日「ピカッと作戦!の日」として設定、街頭における指導や広報を実施する。

詳細は、http://www.pref.shizuoka.jp/kenmin/km-130a/documents/youkou_24aki.pdf

秋の全国交通安全運動は9月21日から30日

火曜日, 8月 14th, 2012

内閣府共生社会政策統括官は、14日、秋の全国交通安全運動の推進要綱を公表した。

9月21日金曜日から30日日曜日までの10日間、「子どもと高齢者の交通事故防止」を運動の基本とし、全国重点として「夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止(特に、反射材用品等の着用の推進及び自転車前照灯の点灯の徹底)」、「全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底」、「飲酒運転の根絶」の3点を設定する。

また、最終日の30日を「交通事故死ゼロを目指す日」とする。

詳細は、http://www8.cao.go.jp/koutu/keihatsu/undou/h24_aki/anzen_and_zero.html

秋の全国交通安全運動は9月21日から30日

火曜日, 7月 17th, 2012

内閣府共生社会政策統括官は、17日、秋の全国交通安全運動推進要綱を公表した。

9月21日金曜日から30日日曜日までの10日間、「子どもと高齢者の交通事故防止」を運動の基本とし、(1)夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止(特に,反射材用品等の着用の推進及び自転車前照灯の点灯の徹底)、(2)全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底、(3)飲酒運転の根絶の3点を、全国重点として設定する。

詳細は、http://www8.cao.go.jp/koutu/keihatsu/undou/h24_aki/yoko.html

春の全国交通安全運動期間中の交通事故発生状況

火曜日, 4月 17th, 2012

警察庁は、17日、春の全国交通安全運動期間中の交通事故発生状況を公表した。

4月6日金曜日から15日日曜日までの運動期間中、死者数は118人で、前年同期比18人、13.2%の減少だった。また、昨春の全国交通安全運動期間と比較して、1人、0.8%の減少だった。

死者数が10人以上だったのは、京都府の12人だけで、石川、奈良、徳島、愛媛、高知、佐賀、熊本、大分、沖縄の各県は死者がいなかった。

詳細は、http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001088249(政府統計の総合窓口)。

阪神高速道路の全国交通安全運動キャンペーン

木曜日, 4月 5th, 2012

阪神高速道路は、2日、全国交通安全運動に合わせて実施するキャンペーンの実施要項を公表した。

4月6日金曜日に、4号湾岸線泉大津パーキングエリアと3号神戸線京橋パーキングエリアで、キャンペーングッズの配布やタイヤ空気圧の無料チェック、高速道路上における「人対車」の事故防止ポイントの説明などを実施する。

詳細は、http://www.hanshin-exp.co.jp/drivers/driver/topics/spring2012safety-campaign.html

NEXCO西日本、春の全国交通安全運動実施計画

木曜日, 4月 5th, 2012

西日本高速道路(NEXCO西日本)は、2日、春の全国交通安全運動実施計画を公表した。

4月5日木曜日から15日日曜日に掛けて、名神高速道路、中国自動車道、山陽自動車道、高松自動車道、九州自動車道などのインターチェンジや本線料金所、サービスエリア、パーキングエリアで、交通安全啓発チラシ・グッズの配布やDRIVE&LOVEプロジェクトの広報、タイヤ無料点検などを実施する。

詳細は、http://www.w-nexco.co.jp/newly/h24/0402/

NEXCO中日本、春の全国交通安全運動

木曜日, 4月 5th, 2012

中日本高速道路(NEXCO中日本)は、春の全国交通安全運動の実施要項を公表した。

4月6日金曜日から13日金曜日に掛けて、東名高速道路や中央自動車道、東海北陸自動車道、名神高速道路、伊勢湾岸自動車道、北陸自動車道のサービスエリアとパーキングエリアで、交通安全啓発グッズの配布やパトロールカーの展示・乗車、シートベルト体験車による衝突疑似体験などを行う。

詳細は、http://www.c-nexco.co.jp/news/2553.html

NEXCO東日本、北海道と新潟で交通安全キャンペーン

木曜日, 4月 5th, 2012

東日本高速道路(NEXCO東日本)は、2日、北海道支社と新潟支社管内で実施する交通安全キャンペーンの実施要項を公表した。

北海道支社は、4月6日金曜日から12日木曜日に掛けて、道央自動車道、札樽自動車道の本線料金所やインターチェンジで、リーフレットやマナーアップキャラクター「マナーティ」のグッズを配布する。

詳細は、http://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/hokkaido/h24/0402/

新潟支社は、4月6日金曜日から13日金曜日に掛けて、関越自動車道、北陸自動車道のインターチェンジやサービスエリア、パーキングエリアで、交通安全の呼びかけとチラシの配布を行う。6日には、関越自動車道湯沢インターチェンジで、安全運転管理事業所管理者を対象とした夜間における体験型交通事故防止講習会を開催する。

詳細は、http://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/niigata/h24/0402/

「春の全国交通安全運動」のキャンペーン、首都高

木曜日, 4月 5th, 2012

首都高速道路は、3日、「春の全国交通安全運動」のキャンペーンの実施要項を公表した。

4月6日金曜日から15日日曜日に、交通安全キャンペーンを実施する。パーキングエリアや本線料金所、三井アウトレットパーク横浜ベイサイドマリーナでパンフレット・交通安全グッズの配布を行う他、14日土曜日と15日日曜日は、「パレットタウン」メガウェブで開催される「交通安全。アクション2012」に参加し、首都高パトロールカーの展示や東京スマートドライバーのPRを行う。

詳細は、http://www.shutoko.jp/news/2012/data/4/0402

春の全国交通安全運動の実施に向けた内閣府特命担当大臣(交通対策本部長)メッセージ

木曜日, 4月 5th, 2012

内閣府共生社会政策統括官交通安全担当は、5日、2012年春の全国交通安全運動の実施に向けた内閣府特命担当大臣(交通対策本部長)メッセージを公表した。

中川正春氏は、「国民一人ひとりがルールを守るとともに子どもや高齢者などの交通弱者に対し思いやりのある心を持って行動していくことが必要です」としている。

詳細は、http://www8.cao.go.jp/koutu/keihatsu/undou/h24_haru/message.html

春季交通安全キャンペーン、自工会

水曜日, 4月 4th, 2012

一般社団法人日本自動車工業会は、4日、春季交通安全キャンペーンの実施要項を公表した。

4月6日金曜日から5月6日日曜日までの期間中、四輪テーマは「後席シートベルトの着用促進」、二輪テーマは「ヘルメットの正しい着用」に設定し、「後席シートベルト着用促進CM」に「あごひも、しっかり。」を組み合わた動画を、屋外大型ビジョンやタクシー車内モニターなどで放映する。

詳細は、http://release.jama.or.jp/sys/news/detail.pl?item_id=1551

大阪府の地域重点は「交差点における交通事故防止」

火曜日, 4月 3rd, 2012

大阪府警察は、3日、春の全国交通安全運動に関する情報を公表した。

大阪府の地域重点は「交差点における交通事故防止」。交差点での交通死亡事故の特徴としては、信号交差点での交通死亡事故が全体の約4割を占め、歩行者・自転車の信号無視によるものが約2割となっている。

詳細は、http://www.police.pref.osaka.jp/15topics/traffic/index.html

東京都の地域重点は「二輪車の交通事故防止」

木曜日, 3月 29th, 2012

警視庁は、29日、春の全国交通安全運動に関する情報を公表した。

東京都の地域重点は「二輪車の交通事故防止」。ライダーに対して、交差点で右折する四輪車は、直進する二輪車に気づかないことがあるので、注意するよう呼びかけている。

詳細は、http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/spring2012/spring2012.htm

春の全国交通安全運動に対する警察の取り組み

木曜日, 3月 29th, 2012

警察庁は、29日、春の全国交通安全運動に関する情報を公表した。

4月6日金曜日から15日日曜日までの10日間、運動を実施する。特に、10日火曜日は「交通事故死ゼロを目指す日」とする。

運動の重点は、「子どもと高齢者の交通事故防止」とし、全国重点は、「自転車の安全利用の推進(特に、自転車安全利用五則の周知徹底)」、「全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底」、「飲酒運転の根絶」の3点。都道府県ごとの地域重点は、都道府県の交通対策協議会などが設定する。

詳細は、http://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/anzenundou22/index.htm

春の全国交通安全運動、全日本トラック協会

金曜日, 3月 23rd, 2012

社団法人全日本トラック協会は、23日、春の全国交通安全運動全日本トラック協会実施計画を公表した。

「子どもと高齢者の交通事故防止」を運動の基本に、「飲酒運転の根絶」を重点に、運動を展開する。適正化指導員などがパトロールを行うことで、関係車両の運航状況を把握し、会員事業者の訪問指導に努めるとしている。

詳細は、http://www.jta.or.jp/kotsuanzen/anzen/kotsu_anzen_undo_spring2012.pdf