Posts Tagged ‘大阪府警察’

死者が29.7%減少、6月末の大阪府

木曜日, 7月 5th, 2012

大阪府警察は、5日、6月末の交通事故発生状況・交通死亡事故の特徴を公表した。

6月末の死者数は78人で、前年同期比33人、29.7%の減少、負傷者数は26,973人で、5.6%の減少、事故件数は22,613件で、5.8%の減少だった。

状態別では、歩行中が23人で最も多いが、前年同期比13人減少している。

詳細は、http://www.police.pref.osaka.jp/03kotsu/kensu/tokucho01.html

あなたのまちの交通事故発生マップと交通事故発生状況一覧更新、大阪府警

月曜日, 6月 25th, 2012

大阪府警察は、25日、あなたのまちの交通事故発生マップと交通事故発生状況一覧を更新した。

データが5月末現在に更新された。市区町村別交通事故発生マップは、全事故、こども・高齢者、歩行者・自転車のマップが、交通事故発生状況一覧は類型別と状態別・年齢層別一覧が公開されている。

詳細は、http://www.police.pref.osaka.jp/03kotsu/map/index.html

事業所単位で「大阪府無事故・無違反チャレンジコンテスト」に参加を

金曜日, 6月 22nd, 2012

大阪府警察は、22日、「大阪府無事故・無違反チャレンジコンテスト」の実施要項を公表した。

安全運転管理者選任事業所とトラック、バス、タクシーなどの運行管理者選任事業所を対象に、警察署単位の地区大会と府下全域の府大会を実施する。1事業所の参加人数は、地区大会は5人以上、府大会は10人以上。実施期間は、10月1日月曜日から2013年3月31日日曜日まで。

エントリー期間は、8月1日水曜日から9月28日金曜日までとなる。

詳細は、http://www.police.pref.osaka.jp/03kotsu/kotsu_anzen/contest/index.html

大阪府の地域重点は「交差点における交通事故防止」

火曜日, 4月 3rd, 2012

大阪府警察は、3日、春の全国交通安全運動に関する情報を公表した。

大阪府の地域重点は「交差点における交通事故防止」。交差点での交通死亡事故の特徴としては、信号交差点での交通死亡事故が全体の約4割を占め、歩行者・自転車の信号無視によるものが約2割となっている。

詳細は、http://www.police.pref.osaka.jp/15topics/traffic/index.html

あなたのまちの交通事故発生マップと交通事故発生状況一覧更新、大阪府警

月曜日, 12月 26th, 2011

大阪府警察は、26日、あなたのまちの交通事故発生マップと交通事故発生状況一覧を更新した。

データが10月末現在に更新された。市区町村別交通事故発生マップは、全事故、こども・高齢者、歩行者・自転車のマップが、交通事故発生状況一覧は類型別と状態別・年齢層別一覧が公開されている。

詳細は、http://www.police.pref.osaka.jp/03kotsu/map/index.html

10月末の大阪府は死者が12人増加

水曜日, 11月 9th, 2011

大阪府警察は、9日、10月末の交通事故発生状況・交通死亡事故の特徴を公表した。

10月末の死者数は169人で、前年同期比12人、7.6%の増加、負傷者数は49,128人で、2.4%の減少、事故件数は40,951件で、2.3%の減少だった。

状態別では、歩行中が49人で、前年同期比1人増加している。

詳細は、http://www.police.pref.osaka.jp/03kotsu/kensu/tokucho01.html

あなたのまちの交通事故発生マップと交通事故発生状況一覧更新、大阪府警

火曜日, 10月 25th, 2011

大阪府警察は、25日、あなたのまちの交通事故発生マップと交通事故発生状況一覧を更新した。

データが8月末現在に更新された。市区町村別交通事故発生マップは、全事故、こども・高齢者、歩行者・自転車のマップが、交通事故発生状況一覧は類型別と状態別・年齢層別一覧が公開されている。

詳細は、http://www.police.pref.osaka.jp/03kotsu/map/index.html

おおさか交通安全ファミリーフェスティバルの模様

火曜日, 10月 18th, 2011

大阪府警察は、18日、「おおさか交通安全ファミリーフェスティバル」の開催結果を公表した。

秋の全国交通安全運動期間中の9月23日金曜日に、堺市西区の浜寺公園で開催した。タレントの脇坂春菜さんを特別ゲストに招き、脇坂さんを含め1時間で152人が「飲酒運転撲滅宣言」を宣言した。

詳細は、http://www.police.pref.osaka.jp/03kotsu/topics/famifes.html

大阪府に今年4度目の「交通死亡事故多発警報」発令

火曜日, 9月 27th, 2011

大阪府警察は、27日、「交通死亡事故多発警報」が発令されたことを公表した。

9月14日から24日までの11日間の死者数が15人で、秋の全国交通安全運動開始4日目の死者数が既に7人となったため、25日に大阪府交通対策協議会会長の大阪府知事が発令した。

大阪府に多発警報が出されるのは今年4回目。

詳細は、http://www.police.pref.osaka.jp/15topics/keihou04_2_1.html

あなたのまちの交通事故発生マップと交通事故発生状況一覧更新、大阪府警

火曜日, 9月 27th, 2011

大阪府警察は、27日、あなたのまちの交通事故発生マップと交通事故発生状況一覧を更新した。

データが7月末現在に更新された。市区町村別交通事故発生マップは、全事故、こども・高齢者、歩行者・自転車のマップが、交通事故発生状況一覧は類型別と状態別・年齢層別一覧が公開されている。

詳細は、http://www.police.pref.osaka.jp/03kotsu/map/index.html

「飲酒運転撲滅」宣言、飲酒運転事故ワースト1の大阪府

木曜日, 9月 22nd, 2011

大阪府警察は、22日、府知事が「飲酒運転撲滅」を宣言したことを公表した。

9月14日に大阪府交通対策協議会会長の大阪府知事が宣言した。7月末現在、飲酒運転事故は、全国ワースト1で、前年同期比33件減少の174件、飲酒運転による交通事故死者は前年同期比5人増の11人、飲酒運転取締件数は、全国最多で前年同期比301件減の1,689件だった。

詳細は、http://www.police.pref.osaka.jp/03kotsu/kotsu_anzen/insyu/index.html

シートベルト・チャイルドシート非着用はこんなに危険、大阪府警

水曜日, 9月 21st, 2011

大阪府警察は、22日、ホームページ「シートベルトの非着用はこんなに危険!」と「チャイルドシートを使用しないとこんなに危険!」を公表した。

大阪府下の一般道路における後席シートベルト着用率は45.6%となっている。シートベルトを着用していないと、車内で衝突したり、車外に放出されたりして受傷する他、前席の乗員にも危害を与えることを注意喚起している。

チャイルドシート使用率は52.8%で、全国平均の57.0%を下回っている。チャイルドシートを使用しないと致死率が約7倍になること、死亡重傷率も約2倍になることを説明している。

詳細は、シートベルトが、http://www.police.pref.osaka.jp/03kotsu/kotsu_anzen/sesatbelt.html、チャイルドシートが、http://www.police.pref.osaka.jp/03kotsu/kotsu_anzen/childseat/index.html

飲酒運転撲滅!、大阪府警

金曜日, 9月 9th, 2011

大阪府警察は、9日、ホームページ「飲酒運転撲滅!」を公表した。

2007年から2009年までの3年間、大阪府は、飲酒運転事故の発生件数が全国ワースト1だった。2010年には、325件の飲酒運転事故が発生し、10人が死亡、445人が負傷した。同年に3,338件の飲酒運転が検挙された。

飲酒運転撲滅へ向けた取り組みを紹介している泉市や岸和田市など府内各市のホームページへのリンクも掲載されている。

詳細は、http://www.police.pref.osaka.jp/03kotsu/kotsu_anzen/inshu.html

8月末の大阪府は死者が21人増加

金曜日, 9月 9th, 2011

大阪府警察は、8日、8月末の交通事故発生状況・交通死亡事故の特徴を公表した。

8月末の死者数は134人で、前年同期比21人、18.6%の増加、負傷者数は39,113人で、2.5%の減少、事故件数は32,616件で、2.4%の減少だった。

状態別では、歩行中が40人で、前年同期比6人増加している。

詳細は、http://www.police.pref.osaka.jp/03kotsu/kensu/tokucho01.html

交通安全運動、大阪府の重点は貨物車・二輪車・自転車

火曜日, 9月 6th, 2011

大阪府警察は、6日、秋の全国交通安全運動の実施要項を公表した。

大阪府の地域重点は、「貨物車、二輪車の交通事故防止」と「自転車の安全利用の推進」。

貨物車による事故は、貨物車側に安全不確認などの主な原因がある死亡事故が増加している。自転車は、赤色信号の無視による事故が増加している。

詳細は、http://www.police.pref.osaka.jp/15topics/2011_autumn_traffic/05_1.html