Posts Tagged ‘自動車事故対策機構’

9月8日、「ナスバギャラリー」を広島主管支所に設置

水曜日, 7月 25th, 2012

独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)は、25日、ナスバギャラリーに関する情報と交流会の開催要項を公表した。

広島市西区の自動車事故対策機構広島主管支所内に、交通遺児を対象とした絵画コンテストの入賞作品などを展示する「ナスバギャラリー」ょを開設した。

ギャラリーの設置を記念して、9月8日土曜日に、広島市西区の自動車事故対策機構広島主管支所で開催する。対象者は、交通遺児とその家族、交通事故による重度後遺障害者。展覧会や交流会を開催する。

詳細は、http://www.nasva.go.jp/gaiyou/topics/2012/120724.html

30日に国交省独法評価委自動車事故対策機構分科会

月曜日, 7月 23rd, 2012

国土交通省は、23日、第13回「国土交通省独立行政法人評価委員会自動車事故対策機構分科会」の開催要項を公表した。

7月30日月曜日に、東京都千代田区の観光庁国際会議室で開催する。議題は、「2011年度財務諸表について」や「2011年度業務実績評価について」、「第2期中期目標期間業務実績評価について」、「業績勘案率(案)の決定について」など。

2011年度財務諸表に関する議事のみ傍聴できる。傍聴希望者は、27日金曜日18時15分までに傍聴登録する。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha05_hh_000026.html

「NASVA交通遺児友の会」絵画コンテスト

金曜日, 7月 20th, 2012

独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)は、20日、「NASVA交通遺児友の会」絵画コンテストの実施要項を公表した。

「友の会」会員を対象に、未就学の幼児を含む小学校2年生以下の「小学校低学年以下の部」、「小学校中学年の部」、「小学校高学年の部」、「中学生の部」、「高校生の部」、それ以外の「ファミリーの部」の6部門で募集する。

テーマは自由。四つ切り画用紙にクレヨン、クレパス、水彩絵の具などを使用して描く。

NASVA各支所へ送付する。締切は11月5日月曜日。

詳細は、http://www.nasva.go.jp/gaiyou/topics/2012/120720_2.html

遷延性意識障害者療護の委託先病院に泉大津市立病院、NASVA

金曜日, 7月 20th, 2012

独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)は、20日、近畿地区における委託病床の委託先病院を公表した。

自動車事故による遷延性意識障害者の治療・看護を専門に行う療護施設機能の一部を委託する病床として、大阪府泉大津市の泉大津市立病院を選定した。2013年1月以降に8床で、2013年4月以降は6床で受け入れる。

詳細は、http://www.nasva.go.jp/gaiyou/topics/2012/120720_1.html

NASVAに対する外部評価結果を公表

水曜日, 7月 4th, 2012

独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)は、6月29日、「業績評価のための特別なタスクフォース」による評価結果を公表した。

タスクフォースは、2011年度の療護センター事業と自動車アセスメント事業に関する評価を行い、NASVAの事業全般に対する意見を述べた。特に、自動車アセスメント事業については、「助手席の乗員保護性能」に関して、後継車種の評価指標の平均値が旧車種の評価指標の平均値を下回っていることを指摘し、ユーザーにわかりやすい広報活動を積極的に行うことを求めている。

詳細は、http://www.nasva.go.jp/gaiyou/topics/2012/120629.html

安全指導業務への民間参入に係る指導講習講師・カウンセラー研修を開催、NASVA

月曜日, 6月 11th, 2012

独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)は、安全指導業務への民間参入に係る指導講習講師・カウンセラー研修に関する情報を公表した。

適性診断事業と指導講習事業は、ユニバーサルサービスを確保しつつ、民間への業務移管を進めることとしているが、適性診断事業ではカウンセラーが、指導講習事業では講師が必要となる。そのためNASVAでは、適性診断事業は「第一種カウンセラー要件取得研修」、指導講習事業は「第一種講師要件取得研修」を実施する。

詳細は、http://www.nasva.go.jp/gaiyou/topics/2012/120611.html

2011年度のNASVA業務実績

金曜日, 4月 27th, 2012

独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)は、27日、2011年度の業務実績を公表した。

被害者支援の訪問支援は、対前年度比381件、24.4%増加の1,940件だった。適性診断の「カウンセリング付き定期診断」は、対前年度比1,587人、63.5%増加の4,085人が受診した。指導講習は、対前年度比0.4%増加の約14万人が受講した。

詳細は、http://www.nasva.go.jp/gaiyou/topics/2012/120427.html

3車種が満点の5つ星・大賞はレクサス・CT200h、自動車アセスメント

水曜日, 4月 25th, 2012

国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)は、25日、自動車アセスメントとチャイルドシートアセスメント結果を公表した。

自動車アセスメントでは、電気自動車1車種、軽自動車2車種、乗用車10車種、1ボックス1車種の計14車種を試験した。今回から、歩行者頭部保護性能試験に加え歩行者脚部保護性能試験を新規に実施し、乗員保護と歩行者保護とを総合的に安全性能評価を行う「新・安全性能総合評価」を導入した。

その結果、レクサス・CT200h、日産・エルグランド、スバル・レガシィの3車種が満点の5つ星、日産・リーフ、ダイハツ・ミラ イース、アウディ・A1、トヨタ・ヴィッツ、トヨタ・ラクティス/スバル・トレジア、トヨタ・プリウスα、BMW・X1の計7車種が4つ星、スズキ・MRワゴン/日産・モコ、スズキ・スプラッシュ、スズキ・ソリオ/三菱・デリカD:2、フィアット・500、500C/アバルト・500、500Cの計4車種が3つ星と評価された。

レクサス・CT200h、日産・エルグランド、スバル・レガシィの3車種には、新設された「ファイブスター賞」が、レクサス・CT200hには、自動車アセスメント大賞が贈られた。

チャイルドシートは、乳児・幼児兼用5製品、幼児専用1製品を試験した。優、良、普、推奨せずの4段階で評価した結果、タカタ・takata04-i fixは、乳児用、幼児用のいずれも「優」、タカタ・takata04-popsは、乳児用が「優」、幼児用が「良」、アップリカ・フラディアは乳児用は「優」、乳児用ベッドと幼児用としては「良」、ピジョン・cunaは、乳児用が「優」、幼児用が「良」、リーマン・ピピデビューは、乳児用が「優」、幼児用が「良」、コンビ・ジョイトリップは、幼児用が「普」と評価された。

詳細は、国土交通省が、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000104.html、NASVAが、http://www.nasva.go.jp/gaiyou/topics/2012/120425.htmlと、http://www.nasva.go.jp/gaiyou/topics/2012/120425_2.html、トヨタが、http://www2.toyota.co.jp/jp/news/feature/20120425.html

自動車アセスメント試験車両を秋葉原で一般公開

火曜日, 4月 10th, 2012

国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)は、10日、自動車アセスメント試験車両の一般公開に関する情報を公表した。

4月25日水曜日に、東京都千代田区のベルサール秋葉原で開催する。自動車アセスメントで評価が高かった試験車両5車種の展示の他、チャイルドシートアセスメントで評価が高かった機種の展示などを実施する。

詳細は、国交省が、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000103.html、自動車事故対策機構が、http://www.nasva.go.jp/gaiyou/topics/2012/120410.html

NASVA療護センター、治療改善効果を確認

火曜日, 4月 3rd, 2012

独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)は、3月30日、療護センターにおける遷延性意識障害者のナスバスコアを用いた治療改善効果分析結果を公表した。

NASVAが運営する4療護センターの入院患者について、年度期間中及び入院から退院までの、療護施設の入院患者の症状の指標である「ナスバスコア」を分析した。ナスバスコアの平均値は減少し、治療改善効果が認められた。

詳細は、http://www.nasva.go.jp/gaiyou/topics/2012/120330.html

「NASVA交通遺児友の会」写真コンテストの結果

水曜日, 3月 14th, 2012

独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)は、7日、「NASVA交通遺児友の会」写真コンテストの結果を公表した。

6部門に、友の会の会員446人が延べ705点の作品を応募した。最優秀賞の国土交通大臣賞が1点、優秀賞が4点、金賞5点、銀賞15点、銅賞50点がそれぞれ選ばれた。

3月27日火曜日に、NASVA本部で最優秀賞と優秀賞の受賞者の表彰式が開催される。

詳細は、http://www.nasva.go.jp/gaiyou/topics/2011/111107.html

独法評価委自動車事故対策機構分科会は29日

火曜日, 2月 21st, 2012

国土交通省は、21日、第12回国土交通省独立行政法人評価委員会自動車事故対策機構分科会の開催要項を公表した。

2月29日水曜日に、東京都千代田区の国土交通省自動車局第一・第二会議室で開催する。議題は、第三期中期目標(案)・中期計画(案)等についてなど。

傍聴が可能で、希望者は28日火曜日までに登録する。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha05_hh_000025.html

関東と近畿で委託先病院を公募、NASVA

金曜日, 2月 10th, 2012

独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)は、10日、自動車事故による脳損傷によって重度の後遺障害が残る患者が入院し、治療と看護を受ける委託先病院の募集を開始した。

「委託病床の拡充にかかる検討委員会」と「委託病床機能等審査委員会」の結論を受け、近畿地区で16床、関東南・西部地区で12床の委託病床を開設し、2013年1月から患者の受け入れを開始する。委託先病院は、総合評価落札方式の一般競争入札で決定する。

3月8日木曜日までに、入札説明会に申し込む。

詳細は、http://www.nasva.go.jp/gaiyou/topics/2012/120210.html

東京モーターショーへの出展結果、NASVA

水曜日, 1月 4th, 2012

独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)は、12月27日、第42回「東京モーターショー」への出展結果を公表した。

自動車アセスメントの結果や、自動車アセスメントで衝突させた車両を展示した他、前回から11%多い32,390部の自動車アセスメントパンフレットや被害者援護関係チラシなどを配布した。アンケートは、前回より19%多い815枚を回収し、自動車アセスメントを43%が知っていると回答した。

詳細は、http://www.nasva.go.jp/gaiyou/topics/2011/111227.html

8車種の結果を公表、自動車アセスメント

火曜日, 11月 29th, 2011

国土交通省は、29日、自動車アセスメント評価結果(前期分)を公表した。

今年度から、乗員の安全性と歩行者の安全性を総合した「新・安全性能総合評価」を採用し、満点は、5つ星となった。

[TABLE=4]

このうち、スバル・レガシィと日産・エルグランドは、メーカーの委託により試験が行われたもので、歩行者脚部保護性能試験のみ実施し、その他の項目は、スバル・レガシィは2009年度の、日産・エルグランドは2010年度の結果を利用して評価を行った。

後半では、ダイハツ・ミラ イース、スズキ・スプラッシュ、アウディ・A1、フィアット・500、トヨタ・プリウスα、BMW・X1の結果が公表される。

また、チャイルドシートアセスメントは、゚リーマン・ピデビュー、アップリカ・フラディア、ピジョン・cuna、タカタ・takata04-pops、タカタ・takata04-i fix、コンビ・ジョイトリプの6機種が評価される。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000099.html